ゆるふわ系アウトドア日記

自転車レースは辞めてマッタリ楽しみます

もてぎ2h 〜私、レースを卒業しまぁーす〜

結果は11位。ヤクザさんときゃっきゃうふふしたいなーと思いつつ、意外と出来なかったのがちょっと心残りかな。

これでエントリー済みの大会は全て終わったのでこれからはレースを目標にするのはやめて、適当に一般人ポタリングクラスタとして過ごしていきます。チャリ以外もやりたいし、レースは無期限休止で。以下、レースレポート?

 

11時半くらいに会場について、なぜか気合い入りまくって朝7時台から会場入りしてたヤクザさんと合流。人混みの中だけどオーラですぐ居場所がわかったぜw

14時10分に定刻でレーススタート。

トイレ行きたい。ボトルに水入れすぎた。寒い。Orz...

一応、秋冬用レーパンに手足ウォーマー、冬用インナーに夏用ジャージという出で立ちで一応大丈夫かと思いきや、直前に飲んだコーヒーが効いてトイレ。トイレ。。

しばらく走ってると尿意は和らいできた。が、関係なく何度かアタック。俺の尿意を考慮してほしい。適当に集団内で10〜20番代くらいでプラプラ。あ、ヤクザさん追走してる。でも俺は尿意とも戦ってるから頑張って〜(′•ω•`)水捨てたいけど集団内だから迷惑だよな〜やめとこ。

とかやってたら結局九州。前半40分くらいまでは強度が上がる時もあったけど、その後は落ち着く。あれ?なんかやる?でも前上がるのめんどい...自分はこのレースを最後にレース引退ポタリングクラスタに転向するのだ。モチベーションは限りなく低い。

最後に一花咲かすぜ、よりいかに楽な番手を維持するにはどーすっかな、という方に意識が向いた。まーあれだ、これがレースに向いてないメンタリティってやつだ、きっと。

ラスト20分くらいになるとさすがに何人かペースアップ。でもこの人数でこのコースだと難しいよな〜。サポートライダーも集団を小さくしようとしてる感があるけど、まだ30人以上いそうな集団を小さくするにはまだ微妙な強度。もうワンプッシュ!(他力本願)

ってところでラスト2周目で集団がソワソワしてきた雰囲気。落車が起こるのはこういう時だよな〜と思っていたら目の前で落車ー!!

回避してすぐに前方グループに追いついたけど、これが最終列車になった。南無...

最終周回は様子見でペースも上がらず淡々と進む。ラストのコーナー前でヤクザさんが1人で飛び出してる。すげー頑張れ!自分の位置から追走して番手に着こうとすると、左手を走る別カテゴリのライダーの進路次第で少し強引な感じになるかもしれない。安全第一が今日の最大目標なのでいつもより安全マージンを多めにとりたい。

ってことで追走は却下。ちょっと番手は上げてみたけど。

で、最後のホームストレートは向かい風から一気に追い風に変わるので速度変化が大きく、つっつるんポジションスプリントよりも普通にダンシングスプリントの方が速度のノリが良さそうだな、と思ってダンシング開始→スプリントはヘボいので大して番手を上げられず終了〜。

11位。入賞しちゃうとまたレースに対して色気を出しちゃうかもしれないし、20位以下だと生意気に凹んでたかもしれないし。まあ今の自分には妥当な順位だよなと。ヤクザさんは最後タレたけどアタックからの番手維持で入賞圏内。来年実業団頑張って下さい〜(o^^o)

 

レースを目標にしない、と決めて気持ちを切り替えると色々と目の前の霧が晴れてきた気分になる。今までは視界クリアだと思っていたけど、今となってはあそこには霧があって視界を塞いでいたんだ、とわかる不思議。霧がある時はそれを霧と認識できないんだ。

強くなりたい、とか勝ちたい、とかいう思いは自分ではwillだと思っていたけど実際にはmustだったのかもな、と。

少なくとも最初は間違いなくwillだったけど、いつの頃からかどのタイミングからだったのかmustに変化して自分を縛り始め、結果として強くなれなくなっていたんではないか、と思う。

 

「自転車はメンタルなスポーツだ。」

29歳の頃に自転車を始めた頃、お店の常連の10歳も年下の子に聞いた言葉だ。当時は雑談の中でジョークの一つとして出てきた言葉だけど、今になって本当の意味で意味を持ってきた気がする。

 

私は!レースを引退しまぁす‼️私のことはキライになっても、レースはキライにならないで下さいね‼️