ゆるふわ系アウトドア日記

自転車レースは辞めてマッタリ楽しみます

土曜サタアリ練

朝4時半起床。安静時心拍数は53bpmで高め。ここ2週間くらいどんどん安静時心拍が上がってきていて「疲労が蓄積してます」とか「トレーニングへの不適応が起きてます」とか、心拍測定アプリに表示されてて萎えるし沖縄大丈夫かと思ってしまう。

暑熱順化トレーニングをしてると一般的には心拍は下がってくるらしいんだけど。

f:id:Cycle_Training_Project:20181103185734p:plain

一方でHRVは上がっているので、一応副交感神経優位な状態?にはあるのかも?この辺りはちゃんと勉強しないとよくわからないなと↓

f:id:Cycle_Training_Project:20181103185937p:plain

5時15分くらいに家を出て、5時50分前には集合場所に到着。10分前だと誰もいない、のと寒い。。

f:id:Cycle_Training_Project:20181103190219j:plain

今日は自分を入れて7人。久しく参加していなかったけど、沖縄前に早い時間から乗りたかったのと集団走行がしたかったので。サタアリ練に来たの半年ぶりくらいな気がする。。

花見山はパスしていわき平をすぎていつものコースへ。スプリントポイントは積極的ではないにせよ取れるものは取りに行くスタンス。小川郷の第一SPは一応獲らせてもらって久之浜方面へ。途中の高速下の登りで筋肉さんがそろ〜とソロでペースアップ。後ろから見ててん?これ行かせるの?どこまで逃げるつもりだろ?とはてなマークで追走しつつ、登りきったトンネル内くらいで力尽きる→鉄人さんにパスされる。

やべ、前で強い二人がドッキングしちゃった。。///

後続5名で回すけど、なかなかペースが上がらない。久之浜周回への曲がり口付近の橋が見えて追走を諦める。

久之浜周回の前半は流し気味で後半の山麓線で掛かる。今回も筋肉さんがラストの登りの後半でペースアップして一人で抜け出し。短い登りはだいたい400w必要だな。下りに入って先頭で追走をかける。意外に筋肉さんもペースが上がらず下りきった辺りでキャッチ。で、カウンターで鉄人さんが飛び出す。

つ、つけない。。けど全員連れて来てくれていたので集団後ろに乗るとキツさがスッと抜ける。これこれ、ぼっち走やってると自分の限界付近で走ってる時に少しだけさらに力を出す走り方はできない。でも集団走行ならできるしレースでも必要になる。沖縄に向けて覚えておきたかったから、今日は集団走行したかったんだ。

何度かローテーションをしてラストのコンビニに向けて鉄人/筋肉ペアがペースアップするのに対応してなんとか千切れず先頭通過。

久之浜が終わって四倉への道は、筋肉さんが引き終わる頃にゆる〜っと抜け出しを図ってみる。まあ普通に容認してもらって四倉まで逃げ切り。平均285wくらいで3分に満たない時間だったけど、まあ一応踏めたのかなと。

ケイデンスが登りと下りと平坦でほぼ一定(青線)でダンシングゼロ。逃げるつもりなら筋肉の使い方を変えるために回し方を変えたほうがいいんだろうか。↓

f:id:Cycle_Training_Project:20181103195138p:plain

新舞子浜のゴールは、獲れるものは獲るけど無理しないでご安全にスタンスで最後は若干詰まり気味のポジションになってしまい終了。

 

終わってからおかわり練で最近開通したという広域農道へ。登りに入ると筋肉さんが5.5倍くらい目安で平和に踏み続ける。2回の登りをこなすと前にはいつもの通行止め看板がなくなって、、ない。「これ行っていいの?」と聞くと「ヒミツだyo!」だって。そんな会話をしていると鉄人さんがスルッと抜け出したので付いて行くと筋肉さんが千切れた。。

まあこれはアレだ、「沖縄前に鉄人さんと二人でキャッキャウフフして来な( ✌︎'ω')✌︎」という筋肉さんの粋な計らいに違いない。羽地の登りとその後の短いアップダウンをひたすら長くしたようなハイスピードかつ登りもあるコースで、こちらが息切れしているのに鉄人さんにはかなり余裕が見える。

ラストの登りでは6.5倍出してる自分の後ろから「来週の沖縄だと思って頑張れ!」と掛け声をかけながら横をスルッと抜けて登って行くフィジカル。。ヤバいこの人。

でもデータを見返すと1分400wで千切れた。登りの連続の後で消耗していたとは言え、自分のフィジカルもお世辞にも高いとは言えない。あかんやつや。

あとは小川郷から流して(?)帰宅。

4h10min, NP216w, 256w

去年よりは弱いと思う。周りが強くなってるだけかも知れないけど。