ゆるふわ系アウトドア日記

自転車レースは辞めてマッタリ楽しみます

チバサイ2days day2~TD55~

今日は房総半島までWCU主催のTD55へ。6時半集合だったけど、車移動で時間が読みにくかったので5時半くらいには現地へ。寒い...

集合場所には徐々にメンバーが集まる。今日初めて一緒に走る人が多数。走力差がわからないので1分ほど先行して走る"普通"グループ。鹿野山のあたりで後続のヤバいグループと合流する算段。

市街地を抜けて徐々に山の中へ。昨日Googleマップストリートビューを見まくって目安になると思しき曲がり角の様子を見ていたけど、実際には初めて走るルートなので、

  • 道路標識をついスルーしてしまい何号線かわからない(書いてない場合も多数)
  • 似たような景色ばかりで予習した景色だったかな、とハテナマークが付きやすい
  • 特徴的で覚えておいた交差点は、進入してから「あ!これ予習で出てた!」

といった具合であまり役に立たない。基本的に同行してるメンバーから教わりながら走る。

鹿野山までの平坦では、昨日ずっとできてたツッツルさんポジションを出来るだけ試して楽をする、が、6人くらいの集団がブチブチに離れて3人になったり2人になったり。。後続は足が揃った強者揃いなので、あとで吸収される事を考えると一番やってはイケナイ走り方。

鹿野山はストラバだと264wの16分半くらい。ちゃんとタイムを見てなかったので、走ってる時は20分くらいかかったと思ってた。鹿野山の前半は沖縄トークしてたし、後半も多少キツいけど全然たれる感じナシで登れてたから、ちゃんとタイムアタックすれば15分台は余裕かも?

80km過ぎるとだんだん足に来る感じに。内房レーシングの方が強い。体がデカいのに登りでじわーっと微妙にLT域以上の強度で長く引くし、それでいてあまり息切れ感がない。最初はVO2maxが得意なんだろうと思っていたけど、FTP自体高いんだろうな。140kmに出るらしいけど、もし自分が140kmに出て最後同じ小集団になったら正直勝てないと思う。やっぱり沖縄は層が厚いなと。

90kmすぎた辺りでようやく後続と合流。向こうは5人、こちらは3人。

あれ、後続スタートのカブがいねえ。。鹿野山の最初で千切れたらしい。おい!しょぼいぞカブ!

平均的に後続グループの方が足があるし人数揃ってる。もはや死亡フラグしか立っていないので、曲がり角などでさりげなくローテパスしたりして温存する作戦に以降。ゆっきーが前を引く時は速いし長い。で、登りで結構上げる。110km地点で10分ほどの小休止をする手前の坂で本気で千切れそうになった。ここで「このあと5分くらいの登りがあるよ」と聞きたくない情報を聞く。それヤバいやつじゃん。

「5分くらいの登り」に入ると、まずはゆっきーがペースアップ。で、黄色ジャージの方が千切れ、まこっちさんが千切れ、、若干戦意喪失したところでイケメンさん(お名前失念...)がさらに被せてペースアップ。そこで強度あげようとしたら自分で思っていたより足が売り切れていてジエンド。120km地点。総距離155kmには全然届かなかった...

あれだけ強かった内房の人も前方で千切れてるのが見える...ヤバいわ。

ニセコ140kmでも似たような距離の登りで一気に垂れたし、あまり成長してないなー。

下っての分岐路で進む方向がわからず止まって場所確認。が、現在地と進む方向を理解する前にまこっちさんが高速で無言で脇を走り去っていったのでジョイント。

ローテしながら「次の信号直進ですかー!?」と聞くと「うるせー!地図ぐらい頭に入れて走れ!」と雷が落ちてしまった。初めての道で予習してきたけど、、要求水準が高い(;^ω^)

「だいたいピー北野のピーが鹿野山で上げやがってあのピー!」(なるべく原文に忠実に、でも放送禁止用語は伏せています)

まずい、まこっちさんが限界突破しすぎてブラックまこっちさんになってる...!!が、これはこれで面白いぞ(^ν^)

とはいえ自分も余裕なし。登りも平坦も一定強度で走らないと、ペースを乱すとタレそう。坂ではまこっちさんが遅れ気味になるので下った後の交差点で減速か停止してると抜かれる、を繰り返す。かなり走ったあとで道路標識に「潤井戸はあっち」の表示が現れてきたので停止不要になり、まこっちさんとは自然と離れて単独でゴール地点へ。残り10kmくらいはガス欠になりかけながらなんとかゴール。最後のミニ坂とか220wくらいしか出てない。

先頭の到着からは10分は遅れてないそうなので、JBCFルール的には完走扱いかな?4人に先着され、そこには序盤で遅れたはずのカブの姿も。「俺、遅れたと見せかけて逃げてたんすよw」だってw

コンビニで1000円分の食料を買って速攻で平らげ、その後カブ、ゆっきーとステーキ屋に行って1ポンドステーキを平らげ。今ならいくらでも食える感。

f:id:Cycle_Training_Project:20181021224429j:plain

TSS340の運動も結構疲れたけど、その後の福島県までの運転がシンドかった...

いい練習になったので明日のレストデイ(※会社あり)を挟んで上げていこう。

練習後のラスト1時間、超のんびり走を加えてもアベレージ29.7km/hかぁ...( ゚д゚)

f:id:Cycle_Training_Project:20181022062257p:image