オーバートレーニング(かもしれない)兆候達

月曜から全く運動していない。怪我も病気も仕事の都合でもなく、疲労が溜まってるはずだからという曖昧な理由で何もしなかった(仕事はしてたけど)のは初めてかも??

オーバートレーニングの疑いが濃厚になり始めてからいくつか生活の中で「おや?」と思ったことがいくつかあったので書いておく。練習強度が落ちたとかは当たり前なので割愛。

  • 食が(意識できないレベルで)細った可能性
  • サプリの消費量が増えた
  • 体重が減らず体脂肪率が増えた(ただしタニタ体重計...)
  • 走り始める前のモチベーション低下

食に関しては以前と同様に高タンパク食、さらにオメガ3系の油は多めに摂るようにしているけど、米の消費量が減った。いつもはちょうど一月に5kg程度消費していたのに対し、特に外食が増えたりパン食等が増えたわけではないのに、9~10月上旬にかけては3~4kgくらいしか消費していなかった。これは1ヶ月ごとに5kg、同じ日に届くamazonパントリーで気づいたけど、自分でスーパーで買ってたら気づかなかっただろうな...そういえば以前はご飯は2杯目を食べることが多かったけど、ここ1ヶ月くらいは1杯で満足することが多かったような。

サプリはDHAEPA含有のカプセルだけ飲んでるけど、今月は無くなるスピードが早かった。1日分目安量は書かれてるけど、多少なら少なくても多くても害はないので疲労を多く感じた日は多めに飲んでいたせい。これも定期的なamazonパントリーが届く前にヤク切れになって発覚。

体重は増えも減りもせず、ほぼ60~61kgの間で安定。一方で初夏の頃と比べ体脂肪率が10%台→12%台にまで増加。これはタニタ体重計の精度の問題もあるからなんとも解釈しづらい。体感的には筋肉量は増えている実感があるにも関わらず。

モチベーションは明らかに低下。「よーし、走るぞー!」ではなく、「今日もパフォーマンス上がらなかったら嫌だな...」というメンタルの日が多かった気がする。なんて不健康なんだ...

----------

さらに、5月から起床時心拍を(たまに欠測しつつ)毎朝測定してきたので、そろそろデータとしてそれなりのものができてきてるだろうと思い調べてみた。ここ2週間くらいで何か際立った傾向が出ていれば今後に活かせるかもしれないけど、果たして??

f:id:Cycle_Training_Project:20181010213337p:plain

「あなたのここ2週間の状況にはなんら際立ったトレンドはみられません。」との解説。アチャー...

とはいえ、HRV(心拍変動)はここ2週間でやや低下傾向を示していて、少し調子を落としている(と解釈できなくもない)。

また、HRV coefficient of variation(心拍変動係数)は基本的に低下=良化、上昇=悪化と言えるそうで、ここ2週間は急上昇して高止まりしており悪い傾向が続いている(と解釈できなくもない)。

f:id:Cycle_Training_Project:20181010213854p:plain

さらに、これらから(独自に?)算出されるRecovery Pointは高い=良好、低い=疲労状態、を指すようなのでトレンドを見てみた。なぜかRecovery Pointの算出方法に関する解説がアプリ内に見当たらない...。8月中旬の落車の怪我で急降下して以降、9月上旬には回復しているもののすぐに低下傾向隣、最近2週間ほどは下がり続けてる状態。

逆に、調子が良いと感じていた7月末から8月上旬にかけては一時的な山ができていて、後から翻ってみると多少なりとも体調のトレンドを反映している(ように見えなくもない)。

----------

大事な事は、今見てきたことが全て後付けで説明付けがなされている、という事だ。株価と同じで「株価が上がった原因」は「グラフの移動平均線がクロスして潮目が変わった事」ではない。「会社の業績が上がった事、あるいは上がる蓋然性が高まった事」が原因だ。さらに掘り下げていけばもっと具体的な理由が見えてくるだろう。根本的な方向を見ずにグラフだけ見ていても本質的な事は見えないままだ。

 

とにかく、今陥っている状態はオーバートレーニング状態とは現時点では断定できず、予断を持たずに体の声をよく聞きながらの経過観察が必要だろうなと。

1ヶ月後の沖縄で悪い成績なら今回の事象は「不適切な練習/休息の取り方によるオーバートレーニング」と解釈され、反省材料探しのネタとして扱われるだろうし、逆にV字回復して好成績なら「限界一歩手前で休息を入れる事で超回復してパフォーマンスアップを狙える練習法」と解釈される余地もあるかもしれない。