ゆるふわ系アウトドア日記

自転車レースは辞めてマッタリ楽しみます

下総スーパーサイクルエンデューロDNF

ドス黒くパンパンに膨らんだそれは、穴から断続的に白濁液を滴らせていた。

(ウソだろ、3時間コースで申し込んだのにまだ1時間も経ってないぞ...これからが楽しいところなのに...あ、ダメ、ヤバい来る...!!)

男は心の中でそう呟いたのであった...

〜〜〜〜

え?レース中のパンクの話ですけど何か?周回コース短いから止まってるとすぐ先頭集団来ちゃうんですよ。

今日は台風一過の快晴の下、強烈に暑くなりそうな中スタート。せっかく足攣り対策ジェル(400kcal)を作ったのに家の冷蔵庫に忘れてくるポカをやらかして何も補給がない。仕方がないので2本のボトルのうち1本を水→アクエリに変更して少しでも塩分をと。

f:id:Cycle_Training_Project:20180729211029j:plain

ローリングでは先導車はつかなかったけど、RXさんが前で固まってたおかげか変なダッシュする人もおらず平和にリアルスタート。高岡さんの引く時間が断然長いし速い。自分もローテのタイミングで前に出るけど、今日の目標は自分より圧倒的に強い選手に頑張って最後まで付いて行く事なので、前に出たフリしてすぐ左によけて足を温存。そうこうしてるうちに20分、30分と時間が経過し先頭集団も少し小ぶりになってきた。

47分くらい?で事件発生。S/Gラインを超えて少しのところで何か踏んだ感触とともに「カチカチカチカチッ!」とフレームに何か当たる音が...うん、ワタクシですね、これは。手を上げて安全に停止し前輪をチェック。何もなし。今ならまだもがけば集団に間に合う!

と思って走り出したらまたカチカチ音が。後輪かよ。。再度停止して後輪をチェックすると安全ピンがブッ刺さっていた。絶対この辺一つは落ちてると思ってたんだよな...幸いUSTタイヤはシーラントが断続的に噴出し続けてるけど穴が小さくダメージは浅め。少し待つと空気漏れは止まった。

とは言え、もうこの段階で集団ははるか先へ行ってるから復帰は不可能。レース復帰したけど完全に心の糸が切れて、これから2時間どう走ろうかな〜とグダグダ考えながらLapしてきた集団に惰性で乗る。何のためにここにいるのか...

で、数週走ってペースの上げ下げが大きくなってきたところでRXさん2人が先行。高岡さんは集団に残って他の選手が前を追うのを様子見。これ、何が何でも前の2人をすぐ捕まえないとヤバいやつ(自分はLapされてるから関係ないけど)。前数人があまり本気で踏む気配を見せないので「追わないとまずいですよ〜俺1Lapだけどw」と言いに前に上がろうとしたタイミングで高岡さんが仕掛けて集団大崩壊。

1Lapで先頭追うのもなんか違う気がする(と苦しい事やりたくない自分への言い訳)し、勝負の邪魔にはなりたくないし、で後ろに残る。で、シーラントで塞がってるといえど一度はパンクしていて不安なので、第2集団からも離脱して走りながらチェック。などやってる間にどの集団が第2集団なのか完全にわからなくなった。

それでもオレンジさんやオーノ君がいる集団が第2集団だろ、と思っていたらなんか一人旅したりピットインしたりしてるし。ちょっとそれっぽい集団に乗ってもなんか速度が遅め?うーん、、、遅いなら遅いで周りとうまくコミュニケーションとって練習速度まで上げることもできるけど。。

選択肢が2つ生まれた。

  1. ここから2時間練習と思って頑張る
  2. このクソ暑い中直射日光で疲弊せずにさっさとレース降りて回復に当て練習する

ヘタレな私は2.を選択しましたとさ。。せっかく湾岸カレーユナイテッド面々やあちちさんに応援に来てもらったのに申し訳ない。。遅れても練習と思って出し切ることも必要なのにな。精神的に自分に甘いんだろうな。

敗北感を感じながら帰り支度し、海辺の真っ黒な温泉に入って

f:id:Cycle_Training_Project:20180729211059j:plain

大洗磯前神社に行って

f:id:Cycle_Training_Project:20180729211047j:plain

→二郎系ラーメンを食べて帰宅。

夜ローラーやろうと思ったけど、ラーメンが思いの外重かったので明日の朝にしようっと...(罪悪感)