ゆるふわ系アウトドア日記

自転車レースは辞めてマッタリ楽しみます

高校生自転車部員の夏休み自由課題練

気持ちは永遠の17才。

雨だろうと思って寝て起きたら普通に晴れてる。完全に降る降る詐欺。

今日はローラーだけやろうと思っていたけど、三崎公園まで少し散歩サイクリング。風がモーレツに強くて港湾は石炭の粉がチラチラ光って宙を舞ってて明らかに健康に悪そうな感じなので、なるべく息を止めたり服に口と鼻を押し付けたりしながら通過。三崎公園へは短い坂を350wくらいで気持ちよくダンシングして登っただけ。あとはのんびり写真を取りつつ。まだ時間が早いのかカップルスポットも写真の通り独り占め(するのが良い事なのかどうか...)

f:id:Cycle_Training_Project:20180728201735j:plain

 

帰ってからwatteamパワーメーターの校正に向けたデータ取得練を開始。今日の本命はコレ。今までわかってるwatteamの悪い点は以下の通り。

  • ゼロ点校正と重りを使った校正作業を手順通りに行っても低めの数値が出る。
  • 下りや信号等で足を止めたあとのペダリング開始時に左側センサーが数秒~20秒程度反応しないことがある。その間は右足100%になって、どうやら左足分の強度をカバーしてパワーが低く表示され過ぎないよう補正アルゴリズムが組まれているようだけど、仕上がりの左右差がめちゃくちゃになる。
  • たまに、低めの値が出るというよりも「値が溶ける」。平均350wで漕がないと出せないタイムなのに平均220wとか出る。
  • サポートに何度かコンタクトを試みたけど連絡が取れたのは一度きり。しかもその返事が「ゼロ点校正すれば全て解決さ!」→解決しねええよおお!!!

よって、ダイレクトドライブ型のローラー台で所定のギア比でパイオニアパワーメーターと数値を比較して傾向を探り、校正作業に使う重りの重さを調整して再度校正を実施することにより、一応使える状態にすることを目的としたローラー練を行った。内容は高校物理レベルの知識でOK。

「お小遣いを貯めてパワーメーターを買ったらメチャクチャな値が出て全然使えず憤死しそうになったけど、これを機に夏休みの自由研究課題をこなしつつ校正も行ってしまおう!と一石二鳥を企む高校自転車部員」セグメントにはオススメだ。

〜実験内容〜

イオニアパワーメーターと比較したズレの傾向を掴む目的。使用するものはダイレクトドライブ型ローラー台、メインバイク(パイオニアパワーメーター)、セカンドバイク(watteam)、水ボトル2本、工業用扇風機、タオル。

所定のギア比で所定の時間、一定のケイデンスを維持しながら平均パワー値を測定する。今回は8段階のギア比、90rpmで各セット1分ずつ(ただしギア比の高い2セットは持続時間が厳しいのでそれぞれ30秒、10秒。入り時にケイデンスやパワーが乱れないよう、十分ケイデンスを安定させてからラップを切った。)、それを3セットずつ2つのバイクで行い、パワーの差異を測定した。仕上がりが91rpmになってしまうなど90rpmジャストにならない分は、その微小区間ではケイデンスに対しパワーは線形変化するとみなして調整(本当は非線形だけど)。パイオニア、watteam共にゼロ点校正を直前に行い実験開始。

これ結構疲れる。全部やったら100TSSに。明日レースなのに。。

結果↓

f:id:Cycle_Training_Project:20180728203818p:plain

まずは2つのパワーメーターのデータの傾向。

イオニアは優秀。3セットで測った時の同じギア比でのブレが極めて小さい。max-minが平均に対し±1%程度以内に仕上がっている。

それに対し、watteamは特に軽いギア比の時に3セット間のブレが酷い。酷すぎる。max-minが対平均で±12%くらいあるってどういうことよ。。そして、セット数が重なるほどどのギア比でもパワー値が小さくなっていく傾向。でも重いギア比だとブレは小さくなる。

で、肝心のパイオニア-watteamの比較。低いパワーの時ほどwatteamがパイオニア比で低い値を示す。そして、普段の練習域の280~400w付近では、-3~-4%程度の差異におさまっている。前回は-10%程度差異があったのになぜ?確かに今回はwatteamで表示される数値が主観的強度と近いと感じながら回せていた。

今回はゼロ点校正を行ったのが回し始める直前だったことが何か影響しているのかも?(前回は直前ではなく夕方会社出る時にやっただけ。)

例えば「どの強度帯でも-5%」といった傾向が出てくれれば極めてシンプルなんだけど、どちらかと言えば「どの強度帯でも−10w」という傾向が出てるので、ちょっと解釈に困る。でも、ゼロ点校正をこまめにやれば意外と悪くない数字が出ることはわかったのは収穫かな。

〜〜

明日のレースはRXさん練習会状態になりそう。なんとか最後まで付いて行きたいけど厳しいかな。暑くなりそうなので、エアロなチームジャージで行くか、涼しいスケスケスカイジャージ(ち★びはビブ肩紐で隠す仕様)で行くかちょい迷う。

f:id:Cycle_Training_Project:20180728205553j:plain