ツールド葛尾 試走

筋肉さん企画で今日は3週間後のツールド葛尾コースの試走へ。朝山猿君に車で拾ってもらう。

会場周辺は陸の孤島で閑散。日曜なのでコンビニと村で唯一の食堂は定休日(まじかよ...)。駐車場に集まったメンツの中でヤバいのは筋肉さん、鉄人さん、あと一緒に来た山猿君。アップダウンの多いコースでこのメンツだと千切れないことが最大目標。フジ君やカンノ君もどれだけついて来れるか?

「試走だからゆっくりね」と嘘をつきあいながらスタート。

最初に11kmの平坦TT周回コース。まず100mちょっと下る。

え?平坦...??

下りきったところから緩い登りの開始。先頭を引くときは300wちょいの強度で登り切りまでずっと同じ強度。登りは約10分、平均275wくらいで220m↑。コースミスしたりしつつゴール。

平坦...???にほんごってむずかしい!

 

一旦駐車場に戻って31kmコースの試走へ。こちらは11kmコースの最低地点から登り切る辺りまでは同じ。登りきり地点からさらに登るところで気持ちが切れそうになる。。

今度は10分かからずNP291wで登りきり。鉄人さんがジワ上げ→落ち着いた頃に山猿君がアタック→難なく付いていく筋肉さん→最後尾でハアハア´д` ;しながら付いていく自分、という当初の想定通りの展開...

その後一旦平坦気味の登りに入ったあたりからローテをサボる暴挙に出て何とか付いていく。KOMの登りは短いので割と普通にクリア。下ってからのもりもりランドの登りが鬼門。登りの長さが初見でわからない中、筋肉さんがAve350wくらいでゴリゴリ行く。序盤から千切れそうでちょっと危ない。。山猿君が少しアタックするもすぐに落ちてきた。鉄人さんは後ろで離れて様子見。

で、パワーメーターが360wくらいを連続して表示し始めた辺りでたまらずドロップ。筋肉さんと山猿君を見送る...と思いきや、こちらも280wくらいはコンスタントに出してるのであまり離れない。が、余力も無いので鉄人さんにパスされても付けず。

少し経つと山猿君が落ちて来た。少し前のヘアピンで筋肉さんと鉄人さんが競ってるのが見える。もりもりランドにたどり着くともう終わりかと思いきや、まだ意外に先が長い。。これ、距離感を知ってるとかなりアドバンテージになるな。

この登りで筋肉/鉄人グループとはストラバで38秒差、山猿君とは目視で大体10秒差くらい。意外とタイム差は付いてない、けどここでブイブイ言うクライマーはもう1分速いんだよなあ...

ラストの平坦は4人でハイペースで回して駐車場ゴール。1h15minでNP232w。途中ミスコースして強度が下がった分を除けば大体1時間強でNP240wくらい。展開次第で1周目はギリギリ先頭集団で行けるかもしれないけど、2周目は100%ドロップする...ってのは楽観的過ぎかな。

ラストにもう1本11kmコースを、1周目よりもさらに高強度でやって終了。やっぱ登りは苦手。ひたすらセコく走らないと無理。(セコく走っても無理。)

ところで31kmコースで1箇所かなり危険な箇所があった。直線の開けた下りからの逆カント気味のヘアピン。ここで65km/hまで上がった速度から曲がり切れずに対向車線に完全にオーバーランし、且つ後ろブレーキがロックして暴れあわや落車という危険を犯してしまい猛反省。後ろの筋肉さん曰く「AR落車ポッキリんこ映像が見えた」とのこと。あまり攻めてるつもりはなくても速度が出やすいので特に注意が必要な場所。

前回大会ではここで落車があったらしい。(コース中の自転車マークの場所)↓

f:id:Cycle_Training_Project:20180603224804p:plain

こんな感じで見通しがいいのでついスピードがでる→その先の左カーブが危険!!

f:id:Cycle_Training_Project:20180603224825p:plain

ストリートビューだと左右が森だけど、2013年の写真なので今はもう少し開けてる印象だった。