アーミーライド4時間エンデューロソロ 6位

初めての4時間レース。実は迷彩柄のチャンピオンジャージが欲しくて密かに優勝を狙っていた。

山猿さん改めミニゴリ君を勿来で拾って土浦へ。トラブルレスだと思ってたらミニゴリ君がまさかのシューズ忘れ。マジかよ。さすがにドンマイとしか言えねえ。。彼はフラペ状態で走る事に。

コースは陸自阿見基地内を周回する1周1.7kmのど平坦コース。ちゃんとインターバルがかかるようにと親切に6箇所の狭い直角コーナーが設定されている。全部で90周したので個別の周回の記憶なし。

序盤(1時間経過くらいまで):

最初は集団がデカいのでコーナーでモーレツに気を使う。10人目よりも後ろにいるとインターバルもキツいので、さっさと前へ。序盤に1、2回アタック気味に2人くらい抜け出す展開があったけど、逃げ切りには至らず吸収。それが終わるとマッタリした雰囲気でポタリングに。

f:id:Cycle_Training_Project:20180318201049j:image

中盤前半(1〜2時間経過頃まで):

オレンジさんが前方で引き始めると強度が上がる。クランクの処理も上手いので後ろにいるとかなり削られる感じ。でもライン取りの仕方がすごく参考になる。サポートのオーガさんから序盤に「コーナー下手だから練習するといい」とのアドバイスを受けたけど、この頃から周りのライン取りを参考にしながら徐々に改善。(最終的には自分でも明らかにイイ!(・∀・)とわかるコーナリングに進歩できた)

 

中盤(2〜3時間経過頃まで):

チームエンデューロ組が交代してフレッシュマンが大量投入。(といってもすぐにみんな事切れて下がっていって先頭集団に残るリアルフレッシュマンは2、3人になったけど)

リアルフレッシュマン達の引きが強烈。特に2時間半経過した頃から頭がぼーっとして集中力が低下気味に。手も疲れて力が入りづらい。向かい風のバックストレートで息切れする瞬間も出てきてしまった。これでは足が残らないな、とエマージェンシーモードになって引く時間を短めに。この苦しい状態は1時間くらい続いた。

f:id:Cycle_Training_Project:20180318201016j:image

終盤(3〜4時間ラストまで):

ミニゴリ君がフラペでまだ普通に生き残ってるのが凄すぎる。しかもけっこう引いてるし。こヤツの練習相手はいつまで務まるんだろうか。。?

そーいえばどっかにデュアスロン開始5分で足攣り神速DNFしたのをフラペのせいにしてた実業団E1な人がいたな〜ww

強度は終盤に向けて上がり傾向だったけど、3時間半経過した頃からようやく体のエマージェンシーモードが解消してきた。これならスプリントもできる。レース経過と共に良くなったということは、序盤で結構摂取したマルトデキストリン溶液の消化が進んだって事?中盤で体がダウンするって事ならマルトデキストリン使えないじゃん。。

→この辺は長時間レースでより検証が必要。今回は250mlフラスクに100gのマルトデキストリン✖️2パックで500mlを背中に入れ、合計約800kCalをスタート2時間経過くらいまでに摂取。スタート3時間経った頃が一番キツかった。マルトデキストリンは粉末状態だと低gi値食品と言われているけど、水に溶かすと文字通り加水分解され単糖に近い高gi値食品に変わるとの噂を聞いたことがある。これが真なら中〜後盤のお疲れモードの原因は実はインシュリンショックだった可能性もあると思う。

ではマルトデキストリンに真性低gi食品難消化性デキストリンを混ぜてみたら平均的なgi値は下げられるのでは??とか、そもそもマルトデキストリンやめてみたら??とか、いろいろ対応策はある気がする。まーこの辺は知識のある人に教えてもらうのが一番だと思う。

終盤は牽制モードになるかもなーと思っていたら、チームエンデューロの人も含めた集団人数が絞られてないので基本的に一列棒状強度。気づいたら残り5分。もう終わるのか、、今になると早いと感じる。

最終周回、ホームストレート後のクランク連続区間で1人アタック。でも強烈さは無いし、まだ早いと思った。この時点で5番手くらい。クランクで隣を上がって行こうとする人が盛大に落車仕掛けて持ち直してるのに気を取られてしまい1人分番手を落とす。

その後のバックストレートで道の半分が周回遅れな人たちに塞がれてるエンデューロあるある。。ここで番手を上げられず。痛い。ホームストレートの短さを考えるとあのアタックのタイミングは結果的に正しかった。ホームストレート手前の直線で右側の隙間から、これまで一度もローテに加わってない人達が上がっていく。あ、これよくやるアカンパターン。。この時で8番手くらい?

で、右側を依然塞がれた狭いコーナーを過ぎてスプリントへ。番手的にもう優勝無理だけど、一度も前引いてないヤツには負けたくないな、って心情も微妙にありつつラストで2人くらい抜いてゴール。あとホームストレートが100m長かったらなあ。。とも思うけどしゃーない。6位。一応入賞圏内。一応。。

ミニゴリ君はなんとフラペで3位。すげえ。。というか練習相手務まるんだろうか?(・・;)(2回目)

どこぞにはデュアスロン開始5分で足攣りDNFしたのをフラペのせいにしてるE1ライダーだっているのになー(*´Д`*)(2回目)

4時間、Ave172w, NP200w

パワー的にはスゴイ楽なはずのレースなんだけど、引いてない時は基本400w以上で踏むか足を止めるかのどちらかを延々とやっていたのでインターバル的な強度はもっと高かった実感。

シクロスフィアのログでは1周ごとのラップNPは250〜350wくらいが多くて200wを下回るラップは1つもないけど、それらを全部足すとNP200wになるのは計算のアヤ?NPは30秒間隔で算出されるので、毎ラップの30秒からはみ出る端数処理がこの計算のアヤを作り出してるんじゃないかと推測してる。

普段の練習にも今回のような10秒〜20秒くらいのインターバルを取り込みたいけどどーするかな。あと、ゴール後にオレンジさんに言われた「土日100kmずつしか走らないのは量が少ない」というコメントも気になる。