落車と今後の対応について

今週、公道で単独で練習中に落車しました。

夕方も暮れていたタイミングで電灯も少なく、車通りが少ないと言っても落車後のダメージチェック中に10台くらいは通過するくらいの交通量。下手をすると落車後に轢かれるなどして自分自身は更に重篤な怪我を負ったり更に悪ければ死んでいた可能性もあり、その場合は轢いた車側には「勝手に一人で吹っ飛んできた自転車を運悪く轢いて過失致死罪」ととんでもないとばっちりを与えた上でご家族にも多大なご迷惑をお掛けする可能性があった事態でした。最悪ケースを想像するだけで身震いする。。

自分では「ここまでは大丈夫」と思っていても、客観的には許容できるレベルを逸脱している事は往々にしてある事。今回は間違いなく許容範囲を逸脱した身勝手な行動をしていた末に起きた事でした。

「チャリでコケて擦過傷を負って痛かった」だけの事象ではなく、「自分と自分の家族、仕事場への影響のみならず、複数の赤の他人の人生自体を狂わせてしまいかねなかった行為」と重く受け止め、大いに反省した上で原因と今後の対応を整理していきたいと思う。とはいえ匿名ブログの性質上、全ての状況をつまびらかに書かない点はご承知おき頂きたい。

 

事故の状況

時刻はほぼ日が暮れた頃。片側1車線の街灯が少ない見通しの良い平坦な直線路、路側帯は広く1.5m程度あり、白線に乗るあたりのラインを走行した。光量の強いBB Boroのヘッドライトを使用していたが、充電量が減って緑の残量(フル充電で青、中くらいで緑、残量小で赤く点灯)を示していたので、自宅まで確実に持たせるために3段階の光量の2段階目に落としていた。それ以外のライトは不使用。

事故った場所の5mほど前方で側道から車が本線(こちら側)に入ろうとしており、こちら側に気づき完全停車。その前を時速30kmh程度で走り抜けようとした際、車両5mほど手前に落ちていた拳大よりも一回り大きい石に前輪が乗り上げ、ハンドルが突き上げられた事により手を離してしまい、コントロールを失って右側(車道側)に転倒。丁度停車していた車両の真ん前に倒れる形となった。後続車が来たら危険なためすぐに立ち上がって自転車と共に歩道に退避し、体と自転車のダメージチェックを行った。

体は擦過傷が右の膝、太腿、肘、肩に発生。うち、肘の痛みがまだ抜けないので念のため骨に異常が無いか確かめるため週明けに病院に行こうと思う。自転車はハンドルとstiレバーの曲がり(非故障)、ディレーラーハンガーの曲がり、サイコン(パイオニア)の液晶割れ、ヘルメットの変形(全て故障)。

速度は30kmh程度と書いたが、向かい風でシクロ用のブロックタイヤを2.5気圧で使っており、ロードバイクよりも速度が出づらい状態だったのがまだ良かったと言えるかもしれない。直前までインターバル練を行なった後、300w程度、体感では350wくらいで最期のもがき巡航を行なっている最中であり、注意力や対応力は低下していたと思う。

 

考えられる原因

1. 夜間に走っていた。

 言うまでもなく夜間は視界が悪く道の状況が昼間よりも分かりづらいため転倒の危険が増すとともに、車からの視認性も落ちるため転倒後の2次災害も発生しやすい。事故を避けるならば夜走るべきでは無い。

2. 平地でもがいていた。

 当然ながら平地は速度が出やすい。暗く速度の出る場所でもがいてはいけないという基本が出来ていなかった。

3.何度も走った場所との油断

 何度も走っており障害物などほとんど落ちている事がない場所で、あるはずのないものが落ちていた。拳大より大きい石が路肩に落ちているなど、山道でもない限り普通はない。しかもここは平坦で石など生成しようもない場所。けれど、ここいわき市は復興土木工事がそこかしこで行われており、土砂をトラックで搬出している途中にふとした拍子に荷台から落ち、、ということはあり得る(その運搬体制は大きな問題だけど)。さっきまで無かったものが次に通るときには有る事は十分ありうる、と認識しなければいけない。

4. ライトの光量不足

 光量を1段階下げても十分見通せると過信していた。ライトが一つだけというのも良くなかった。また、その状況に加え側道から出ようとする車のライトが目くらまし効果を果たし石に気づきづらい状況になっていた事も環境要因としてあるかもしれない。ヘルメットに一つ、出来ればフロントに角度を変えてもう一つ、計3つのライトは付けるべき。そうすればーどれか一つが電池切れになった時のバックアップにもなる。

 

今後の対応

 安全は全てに優先する。しかし、リスクを完全に遮断することはできない。通勤で自転車に乗るのを完全にやめる自主規制も大きな選択肢の一つだけど、代替となる車通勤も事故のリスクはある。電車通勤でも駅への道すがらや電車の事故の可能性もゼロではない(極めて低いけど)。自転車通勤は日常生活に簡単にトレーニングを取り入れられ、かつ時短効果もあるとても便利なものなので、できればやめたくない。しかしやめないのならばやりたい事と安全性のバランスをみながら、必要な安全水準を確実にクリアする範囲でのみ行い、それをクリアできない可能性がある事は一切NGとしなければならない。

今回は色々な要因が重なった結果「障害物に気づかなかったこと」が事故に結びついたものと考えるので、そこにフォーカスして(月並みだけど)対策を考えたい。

 

 

今回は時速30kmhで走りながら障害物に気づく事なく乗り上げた。ライトで照らす範囲は10m弱(側道車のライトなど環境要因を考えると実質5m程度??)、時速30kmで1秒間で進む距離は8.3m。ライトの範囲内に入ってから0.6秒程度で、見えているつもりになって見えていなかったし反応できなかった。

これがライト数を増やし、速度20kmhならどうか (照らす範囲1.5倍、速度0.67倍とする)。ライトの範囲に入ってから衝突までの時間は約1.4秒になる。一般的にはこれくらいの時間視界に入っているならまず問題なく避けられるだろう(さらに万が一こけたとしても速度から計算される運動エネルギーは0.45倍なので、それだけ体に掛かる怪我の負担も小さい)。

従って、夜間走る事があったとしても速度の上限は20kmhとする。つまりは夜の平坦でもがく行為は今後一切禁止、下りは完全徐行速度とする。いつもの3分もがき平坦区間で今後もがく事はもうやってはならない。強度を出したければ登りのみ。

 

ライトを増やすのは前述の通り必須。2ー3個を常に使う必要がある。ライトの光量を落としてはいけない。常に満充電状態で使用し、ライトの充電が心許無く前夜に充電を忘れてしまった朝などは自転車通勤は控える。

 

まずは怪我を治し自転車を修理することから始めたい。しばらくは普段の練習はロードバイクでローラーで。

その間にFB等のSNSを通じてご指摘やご叱咤を頂けるととてもありがたいので、よろしくお願いしますm(_ _)m

 

〜追記〜

信号が少なくほぼ通しで走れてしまう土地柄ゆえ、これまで調子のバロメーターとしてworkout NPを見ていた。これが平坦地で心理的に「もっと踏もう」と思う要素になっていた事は否定できない。

よって今後、通勤でworkout NPを見る、意識する事もやめにする。安全上ペダルを踏まない場所では絶対に踏まないようにするための環境作りをこれ以外も含めて考えていく。

〜追記終了〜