ゆるふわ系アウトドア日記

自転車レースは辞めてマッタリ楽しみます

様子見の週末グルメライド

咳すると肋骨痛え...というわけで、先週はチャリ通はお休み。

週末くらいは自転車乗らないとフラストレーションがたまる一方なので、土曜は山猿さんとグルメライド(?)へ。サタアリ練は当然お休み。食中毒クラスタ(山猿さん)と骨折予備軍クラスタ(自分)の満身創痍ツアーの開始。

勿来の関の山頂の周回?コースをgooglemapで見つけたけれど、行ってみるとあまり周回には適さず。この界隈で心折れない系/車少なくて安全系/走って楽しい系の周回コースをじっくり探していきたい。いわきサンマリーナ〜勿来発電所往復周回10周(110km, 1600m↑)を1〜3人くらいで回す時の心折れる感じは類を見ない。。10周完遂できたの1回だけだし。

強度は250wまでと思っていたけど、300wくらいなら問題なくいける。相当追い込まなければ咳き込まない→肋骨痛くならないって事かな。普段やっていた通勤練はこの時期は完全封印しようと結論づける。やっても大丈夫な上限強度がどれぐらいかとジワっと上げてみたりもしたけど、普通に付いてきてくれる山猿さんに安心感を感じたり。結論としては350w1分くらいなら普通にOK。それ以上は呼吸器系に負荷がかかって咳こむリスクが増える。

 

昼は韓国系の肉屋へ。初めて来たけどメニューが目移りするものばかり。リピートしたい。焼肉2時間食べ放題が1980円というのもあんまり酒飲まないクラスタには嬉しい。

f:id:Cycle_Training_Project:20180121213728j:plain

 

f:id:Cycle_Training_Project:20180121213810j:plain

海の見えるダムとか、北茨城/勿来をぶらぶらしてから白土屋でジャンボシューでシメようかと話したけれど、時間的にもう確実に売り切れていることに気が付いたので湯の岳インター近くの柏屋へ。ちょうど客の途切れる時間帯だったようで、存分に試食とタダコーヒーを堪能し(少しだけ買ってイートインで食べて)締めくくる。

-----

翌日は福島ロードバイク愛好会の走行会へ。基本的にポタリングしてアンコウ祭でアンコウを食いまくる趣旨。こういうことはトレーニングできない時にこそやっておきたい。この界隈の方とも知り合うチャンスだ。企画者のジマさん(このブログは匿名でry)に感謝。

ドン引きされないようにトレーニングクラスタ的な発言/行動は控える。基本的に今日は一切強度を出さずに景色と飯を楽しむことが目的。

 

あんこう鍋はうまかったけれど、あん肝を食い過ぎると舌の裏がイガイガ(?)してくるという発見があった。1年分くらいアンコウを食った気がする。。TUFUに注意だ。

植田駅のボーシカフェでコーヒーケーキを頂き、スタート地点のいわきララミュウまで戻ってゴール。

そういえば、集団走行の仕方が微妙と思ったけど、特に口には出さず。信号スタートで先頭は上げない、上げた後で急に下げない、とか、ハンドサインか声はもっと頻繁に出さないと、とか、信号での急ブレーキは禁物、とか、平坦の途中の小さな坂で先頭は上げない、とか、もっと後ろの車や自転車の動きや距離に注意を払う、とか、今覚えてるだけでも色々あったな。。

やっぱり全般的にレースやってる人の方が安全で楽な走り方ができていて(鎖骨折った!とかいう話しか聞かないけど...)、ポタリングの人も安全のために走り方は多少教わった方が、とは感じた。ゆるく走ることが目的の会だけど、その辺は気を使わずもう少し注意しあって良かったのかも。。

2日間で200km, TSS500弱走ったので、意外といい感じの冬のLSDトレーニングになってるかもしれない。