9/9 ポジション微調整

明日は桧原湖で前半平坦、後半登りのヒルクライム大会。

どーせ登りで今結果求めてもしょうがないので平坦で周りに(ペースを乱す意味で)迷惑な走りをしてみるのが目標だけど、今の「登り特化型ポジション()」ではそれも出来ず。

この前平坦で骨盤を倒してみたらメチャクチャよく進んだので、登りでは骨盤を立てて平坦では寝かせられる、両方の姿勢が取れるポジションにチェンジ。

具体的にはサドルを5mm後退、5mm上げ、ステムを70mm→110mmに。平坦ではサドル後ろ目に座り下ハンかブラケットを普通に持ち、登りでは前目に座りハンドルのSTI手前側を持つ。ちょっとブレーキと変速がやりにくくなるけど、まあ登りだし。

ヒルクライム終わったら完全に元に戻すか、このポジションはほぼ変えずにステム110mmは長く感じるので90mm or 100mmに手を出すか、ちょっと考えどころ。

これでご近所試走。ロードバイクだし、2分半のローカルなストラバセグメントはさすがにKOMを取れた。グラベルロードとは7秒差。風の影響もあるかもしれないけど、超決戦仕様のロードバイクと完成車のグラベルロードで2分半コースを7秒差って...1時間TTで2分半しか差がつけられない。機材の差ってショボいな、と改めて思った次第。

何だかロードのクランクが170mmは短い感じがする...グラベルロードの172.5mmだとグワングワン回せて良いんだけど。まあそれは後だ。

会場までは痛恨の車移動...朝早く気合い入れて自走して来たら楽しかっただろうに...

f:id:Cycle_Training_Project:20170909170713j:image

明日はタイム狙っても仕方がないので適当に楽しむ所存。

家に帰ってからソファを買いに行くのが明日の最大のミッション💨