9/2 ボッチでポジション確認と坂ダッシュ

フィッティングを受けて「平地を捨て山に特化したポジション()」になったので、真価を確かめに湯の岳へ。途中から雨がパラついてきて嫌な雰囲気。ほぼフレッシュな状態でペーシングに気を使ったにも関わらず、パワーは出ず。

雨だから(と自分の中で言い訳を作り)展望台で引き返す。ここまで13分58秒、Ave257w。湯の岳シュー杯の時もパワーは奇しくも同じ、257w、タイムは13分35秒。遅くなってるやん。。。

山に特化したポジション()...

今日は強い向かい風もあったけど、湯の岳シュー杯の時は土砂降りだったのでコンディションの差は多分ノーカン。平地で弱キャラと化した一方で山でも別に速くなっていない事はよーくわかった。

その後湯本周回へと思ったけれど、場所がよくわからず中途半端周回を1周半(道間違えたけど)。登りは(短いので)350w以上出してもがく。

その後サイクルショップユウキでツールケースをポチる、ではなく購入。旧ツールケースはジッパーの赤い布の破け(1年くらい前から)とジッパーの取っ手部分の千切れ(今日)で遂にお亡くなりになった。

f:id:Cycle_Training_Project:20170902175429j:plain

天気も悪く東海岸に出たいとも思えないので県道26号を小名浜港まで。車の量が多い&信号も多いので、流れになるべく乗ろうとすると強制インターバル走に。

小名浜から三崎公園に登って三崎公園周回(勝手に命名)を3周。下りと登りしかなく下りはゆっくりブレーキ、登り(30秒位×2/周)はダンシングでもがく。観光地なので車と歩行者に注意が必要だけどお手軽感アリ。

産業道路も短時間もがき。小名浜石油坂でも3回往復もがき(1分)。コスモスフィットのダンシング講座はとても役に立っている。よくレース映像で見る、ダンシングでアタックしてシッティングに移行した後もハイパワーで踏み続けるアレはこうやってやってるのかなぁ...

家に帰るとたった75km走行でTSSが280くらい行っていておかしな感じがする。体感ではTSS200くらいなんだよな。インターバル練チックだったのもあるかもしれないけど、途中までサイコンの設定がオートラップなしになっていたのも影響しているでは??

休憩時にパワーメータが停止→ゼロ表示ではなく「--」表示→平均パワーにゼロとして計算されない→一方で時間は休憩中も計測→短時間の高パワー×長時間の計算でTSSが実態よりも高く表示される、とかいった感じで。まーさすがにそれはシステムとして酷すぎるバグなのでちゃんと潰してあるよね、多分...