8/27 荒川練

朝起きて疲れと昨日からの右膝の痛みが引いてない事に戦慄しつつも、ボコボコにされに参戦。

平坦区間でローテをしながら周回練の場所に向かう途中で悟りました。

「骨盤を立ててアップライトなポジションにすると途端に平坦で弱キャラ化する」と。

みぞおちで体を曲げないと猛烈な空気抵抗が。そしてみぞおちで体を曲げると、きっつういぃぃぃ!!

結果的に足は動くけど上半身が辛すぎるポジションで前を引いても速度に乗れない。。

岡フィット駄目じゃねえか...とか言わず、せっかくフィッティングを受けたんだしこれでしばらく行ってみよう。戻すのは簡単だし。

登りでは異常に足がよく回るので超楽ちん。体重豚だけど平坦で苦しんで登りで楽をする変な感じ。。

 第一パックで走り出すも、様子見の1周目の直線でバイクとやや見合い気味になったのをキッカケに後方でソーキ君がハスって落車...!! 幸い倒れたの草が生えた柔らかい土の上で大事には至らず。原チャリは気づかないのか走り去って行った...

交差点で微妙な場合は相手が見えた時点で要減速でした。反省...その後復活したようで良かった…

にしても右膝の前側が痛い。昨日まで痛みまくっていた左膝の後ろ側はさすがにフォームを変えたおかげで今日は全く痛まない。右膝は登りでは不思議と負荷をかけても痛まないんだけど、平坦では引いてない時でも痛い。痛いまま走り続けるのもどうなんだろう、、と思い、1周目で離脱宣言。ダラダラ坂の1発目のスプリントポイントでリードアウトするだけして離脱。

そこで第2パックのスプリントの様子を撮ろうと思ってスタンバイしていると...なんと普通にペース走で登って来てる‼️ →アタッカーさん、根性焼きしてあげて下さいな\( 'ω')/

 f:id:Cycle_Training_Project:20170827172359j:image

しばらくぼけっとしてるとAPEXのアッキー君にも会うし、他の周回練グループにも声をかけられるし、何だかこのままDNFするのが激しく勿体無くなって来た。

f:id:Cycle_Training_Project:20170827172320j:image

次の第1パックのスプリントを写真に収めた後で、スプリントで使い果たしてペースが緩むだろうから合流しよう、膝はまあ様子見してりゃいいや、と思い、第1パックを待つと...

f:id:Cycle_Training_Project:20170827172310j:image

??

f:id:Cycle_Training_Project:20170827172423j:image

スプリントしてない!!

これ、今からiPhoneジップロックにしまう→ポケットにしまう→ゼロスタートしても速度差があって合流できないヤツ/(^o^)\

速攻で発進するも、20秒差くらい付いちゃってる感じ。中切れを埋める時の全開走の感覚で踏みまくる。急速に身体中の血管が乳酸で満たされていくのを感じる。最後は死ぬ気で踏んで何とか合流。はふー...

 最終周の短い坂でkentaさんがゆるふわ系アタックしたのを機にkazuさんが遅れ気味に。その瞬間は追いつく事もできたけど、1周スキップしてる立場上ここはkazuさんを助けないとな‼️と牽引開始。が、交通状況のゴニョゴニョもあってタイム差が拡大。

これアカンやつや、、そして前を行く2人が他集団に入ったのを見て、これもう無理だと諦めモードに。kazuさんとローテしながらダラダラ坂で強度ジワ上げからの一応のもがきでフィニッシュ。

みんな強くなったなー、、いや、自分も弱くなってるのか、、、

帰りの平坦で試しに骨盤を寝かせる今までのポジションで引いてみると、やっぱり良く進む。踏み込む力は変えずにその時だけ5km/hアップ。で、そこから骨盤を立ててみると、、

みぞおちが、く、苦しいいぃぃ〜!!思わず悲鳴をあげる。

うーん、、これ、どうしたもんか(−_−;)

平坦と登りでうまくポジションを使い分けるのが最適解なのかなあ…いや、まずは適当な自己判断をせずに教わった事を続けてやってみる事が肝要だ。

模索は続くけど、その辺は本番前でいいのでまずはベースアップ。来週からローラーのインターバル練を再開します。