8/17 テーピングでしのぐ120km 獲得1100m

朝から雨模様だったけど、9時を過ぎると晴れてきた。行きたいけど足が...普通に歩くだけでも強い違和感が。

ふと棚に目をやると使いかけのテーピングのロールが目に止まった。これを忘れてた。早速youtubeでテーピング巻き方講座を確認し、つけてみると違和感が取れいい感じ。いい時代だ。

膝の裏筋が完全に張っていたのでそこを緩めの固定状態にすると、屈伸運動の際に今度は同じ筋肉の足の付け根側が伸びている感じ。ここが伸び縮みしづらくなったままペダリングを続け、しわ寄せが膝裏の筋に行って過度の伸び縮み→痛みとなったのかな?

サドル高も結局以前の高さに完全に戻す。これで多少は痛みが解消されるだろうか??

→想像以上に痛みが消えた。まだガチャ踏みすると痛みますが。。踏み込み時に踵を上げ気味にして過度に足が伸び切らないようにし、膝とペダルが一本の直線上に乗るように意識して踏むと良い感じに。

コースは

泉→植田→勿来→県道27号→和尚山→国道389号→鮫川村→古殿→県道14号→泉

県道27号で降り始めた霧雨は、帰りの県道14号では本降りに。和尚山climbからずっと体は汗と霧雨でずぶ濡れ状態なのであまり気にしない。泉に着くと嘘みたいに雨は止んでいた。

今日も120kmで獲得標高1100m。NPは196wと自重したためか低め。TSSが235。そろそろ完全自重ゾーンが近づいてきた感じなので、明日は控えめor気分転換のドライブかな。

テーピングによって左足のペダリングが影響を受けた印象を持ったので、明日は控えめに走る場合は、痛まない右足もテーピングしてみて、可動域を制限するとペダリングにどのような影響があるか見てみたい。右足は以前から逆踏みが強く、なかなかペダリング効率が改善しないばかりか徐々に悪くなっているので、なんとか改善の糸口を見つけ出したい。