8/11 羽鳥湖ロング

半年ぶりにポジションを調整してみた。

→パワーが大幅に上がった件w

グラベルロードだと踏めるのに、ロードだと踏めない症候群に陥っていた。クランク長が172.5mm(グラベル)と170mm(ロード)で違うけど、そこは直接の原因じゃなく無い?と思い、ポジションをじーっと眺めて比較。

ぱっと見はサドル高は合わせてあるけど、よくみたら0.2cmほどロードの方が低い?ロードのサドルはしなるのに対しグラベルのはそうでもない(多分0.5cmほど実サドル高はロードが低い)。さらにクランク長の差異の0.25cmも加わると、1cm近い差があるとのとりあえずの結論。

→えいやで1cmくらいロードのサドルを上げてみて、ロングライドで調子を確認しよう、という前夜までの流れ。

-----

で、本日。自転車に跨った瞬間からわかった。「あ、これ自分の足が短いやつだ...(泣)」グラベルはもっと体感的にサドルは低いです。お尻が痛くなりそう(実際に今までよりもすごく痛くなった)だけど、とりあえずものは試しと思って出発。

走り始めてさらにわかったのは「強制的に踏まされてる感」。楽したくてもできずについ踏んじゃう...しかもパワーがものすごく出しやすい。150wだとお尻が痛くなるので200w出した方が楽、ってイメージ。

先週末の感覚だと、

200w:意識してじわっと踏んでる

250w:かなり踏んでる

300w:相当頑張って踏んでる

って感じが、今日はこんな感じ↓

200w:息をするように自然に出てる

250w:ちょっと踏んでるような気がする

300w:なんか息が切れやすいと思ったらいつの間にか出てた

くどいけどもう一回言おう。パワーはすごく出やすい...でも自分の意思とは裏腹に強制的に出させられてる感じ。そして今日は200km超のロングライドの予定。これは後半ヤバいパターンだな。(→予想通りそうなりましたw)

-----

ルートは県道14号→古殿、石川→県道11号→大都会Shirakawa→羽鳥湖スキー場、の往復。スキー場手前は超激坂を堪能しました。で、到着↓

f:id:Cycle_Training_Project:20170811211341j:plain

閑散としています、誰もいません、何もありません(泣)さっさと往路を帰宅。

帰りは古殿の「おかんの道の駅(的な名前だったと思う)」で完全にスタミナ切れになったものの、そこから先も200w以上キープで(強制的に)力を出し続け、走行時間ほぼ7時間ジャストで帰宅。家の近くの自販機でゼーハー言いながらジュースを買ったら、同じタイミングで来たじーちゃんと立ち話になり、走行距離を話したら驚かれた。まあ当たり前か...

Ave187w, NP204w, 速度30.7km/h, 212kmだからそこそこ早かったのでは?

今日のポジションは自転車が苦行になるので短時間のヒルクライム以外は封印です。やっぱりチャリは楽しく乗らないと。