7/21 夜魔境徘徊、 7/22 サタアリ練と湯の岳

自転車で走って家に戻る最後にもがいて20秒くらいの激坂があり、隣に高校があるので走って帰る頃の時間帯はちょうど登下校の高校生が歩いている。

あとはご想像の通り。

「自転車もがきおじさん」「ヘルメット自転車おじさん」「変質s..(ry」といったあだ名を既に付けられていそう。

タイーホされないように品行方正に生きていこう...

-----

7/21

退勤後に家で準備ができたのが18:30頃。さすがに湯の岳に行くと暗くなるので、近所の目をつけておいたルートを走ってみる。100mくらいの峠up。最初から道が細くてアヤシイ雰囲気を感じたけれど、やはり途中から蜘蛛の巣採集開始。絶対に車なんか通ってなさそう。だんだん暗くなってくるし、野犬や猪が出るというし、なんだか背後にイルような気配を感じて鳥肌がたつ...

峠を過ぎると一瞬道幅が広くなったと錯覚したけれど、下りはさらにワイルドな道に。途中で奇妙な動物の鳴き声とともに斜め前の茂みがかなり大きくガサゴソ動く...!!怖い。早く降りたいけど苔むしたアスファルトの上に枝やらなにやらは散乱してるし空中には枝がしだれかかってきてるしで徐行せざるを得ない。辺りはどんどん暗くなってくるし、ヘッドライトが電池残量が少ないと主張し始めた。県道にたどり着いた時は本当にホッとしました。もう2度とあの時間にロードでは行きたく無い。

家に帰ると自転車が蜘蛛の巣に、翌朝は自転車を置いた玄関に新しい蜘蛛の巣ができていましたとさ。

-----

7/22

今日はサタアリ練へ。5:00に家を出るも、途中で道をまた間違えて数分ロスする。1分半ほど集合時間に遅れてしまった。。申し訳ありません。次回は5分早く家を出ます。

今日は鉄人さんとkanoさんが不在なためか、ペースはやや緩め??花見山の5分の上りは前回ほどツラさを感じなかった。スプリントポイントはまだ道をちゃんと覚えられておらず、備えなし+半歩出遅れる感じ(^^;;

最初の5分の登り以外は短い登りが多く、400wくらい出してスピードを殺さずクリアするパターンが多く、龍Q館とはまた一味違う足の使い方。坂の手前〜中盤まで鬼引きされ+そこから先頭を高強度で引くのコンボで足がピロピロ。

海岸線で締めくくり、konoさんと湯の岳へ。聞くとひたちなかエンデューロには出走していてyoutubeに動画アップしているらしい。例の動画だ!以外に近い所に同じレース出てる人がいてビックリ。ジャージで素人だと思わせて周りを油断させる「ステルスジャージ作戦」の印象を聞いたら「高校生かと思いましたw」とのこと...wまあそうですよね(^^;;

湯の岳は3分間だけもがいたあとはゆっくり登りました。

明日は近隣開拓でグラベルロードであぶくま洞に行ってみたいな〜。