6/18 荒川練

昨日龍Q館から帰って来る途中から感じていた右膝の痛みの前兆の違和感。本当はキングフィールズまで行く予定だったけど、行って膝痛で不甲斐ない走りをするのもどうなんだろ...と思って今回はいつものチーム練に行くことに。

湿布を貼ってごまかしていたけど、朝になっても階段の登り降りで違和感は消えず...まあダメならDNFで片足ペダリングで帰ってこよう。

いつものように手賀沼入り口に集合。tsuka君が不動峠落車から復活。タフだなー、でも気をつけてね。attackerは初ワンピース。パールイズミの背中ポケットが本当に純正?と思ってしまうくらい激しく微妙...中国人の工場のおばちゃんが「あ、やべ、つけ忘れた。生地ないからこれにしちゃえ」とか言って縫い付けた感が...

集まったのは9名で、2パックに分けて4,5人でスタート。組長が一瞬第1パックに振り分けられそうになったけど固辞してた。そんな怖がらなくてもみんな優しくしますよ( ^ω^ )第1パックはkentaさん、attacker、tsuka君、自分の4名。

本来は周回コースまではニュートラル強度でスタートする事になっているけれど、いつものごとく40km/h近い速度でローテ。今日は東風がキツめ...すでに強度はレースペースになってる。

手賀の丘ファミマで休んでいると、居合わせたokaさんからなんと龍太郎が今走っているとの情報が。来るかなー見たいなーと思っていたら、ちょうど終えて帰るところをチラ見できた。イナーメジャージカッコいい...!!

本日も大周回コースを4周。パワーデータは以下の通り。毎周回設定したダラダラ坂のスプリントポイントは、今日は膝の故障が怖いのでリードアウトしてスプリントをお見送りするだけ。

Ave 200w, 186w, 188w, 216w

NP  241w, 229w, 225w, 248w

Total   Ave 196w, 235w, 1時間12分

ローテは大体1分交代で、1周目の平地からtsuka君がキツそう。今まで登りに弱いものだと思っていたけれど、登りに入る前からゼーゼー言っていたら登りがさらにキツいのは当たり前だわな。平地を40km/hローテーションする程度なら息を全く切らさないくらいをまずは目標にして欲しい。

3周目までは誰か遅れても基本待ち、4周目からフリー。3箇所あるスプリントポイントは全てattackerが獲り、強さを見せつける。3周目のダラダラ坂でtsuka君脱落。これまでちょくちょく千切れかけては復帰してよく頑張った。踏み直さないローテーションのコツも掴むと現時点では◎。

4周目からは開始直後にkentaさんがジンワリアタックを仕掛け、attackerと2人でチェックに回る。その後はローテを回したりしつつ、バトルは最後のだらだら坂へ。

今日は膝もダメだしkentaさんが好調なのでattackerをアシストしてやろうと思っていたけど、ダラダラ坂下から2人がスプリントをしだしてしまい最後尾へ。どうせこのスピードじゃあ長続きしないだろうからとマイペースに膝を労わりながら追いかける。追いついて先頭に回りアシストをと思っていたけど、坂の中腹で追いついた段階で疲れたので付き位置に(ヘタレ)。

傾斜が少し緩む辺りで想定していた2段目のアタック。attackerが大きく先行したのでもうアシストする必要ない(できない)じゃん、って事で、kentaさんと2人でヘタレ気味にスプリントし3着ゴール。3周目から膝の違和感が増してきてDNFしようか迷っていたけど、痛みに発展せずに完走できてよかった。

ゴール後は割とすぐに遅れて到着したtsuka君も入れてパワトレ談義や腹筋のお触りっこタイム。「うわ...硬い♪」「ちょっとプニプニしてるね❤️」「まだそんなに硬くなってないな...」とか、違う事を想像しながら聞いたらヤバめの会話をするアラサー男たち。

坂スプリント×3のうち1本はattackerのアシスト(?)、もう2本はギリギリトップをとった後、手賀沼慈恵医大ローソンでしばしダベり終了。今日もいい練習になりました。

これができるのもあと1回かあ...こういう時は時間が矢のように過ぎる。名残惜しいものです。

明日は有休を取っているので雨の様子を見ながらどこか走りに行く予定。

広告を非表示にする