読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3/12 取手アワーディスタンスチャンピオンシップ 4位

9位の男の汚名(?)返上。

予選は20分、決勝は1時間で、予選の上位18人が決勝進出。人数は30人くらい?序盤で千切れる人もいるだろうし、さすがに不安要素ゼロなので、色々動いてみようと何度か逃げの機会を伺う。

何度か1人または特定の人と2人で集団から飛び出すけど、ローテがうまく回らない。「回そう!」とか「時計回りにローテ!」とか叫んでも聞こえているのかいないのか??うまく回らずに2、3周で集団に吸収される、を繰り返す。(レース後に外国人だったと気づくというオチ。)

最後は掛けどころで集団内で団子になってしまい、流しゴール。なんか「なんでお前らスプリントしないんだよ!!」とか同じ団子の中で叫んでる人がいたけど、まあ位置どりが悪いのは自己責任でしょ、とかどことなく冷静に思いながら。でもなんであの局面でスプリントしようとしないのかな?というのは確かにやや疑問。10位。。

20分25秒, Ave 247w, NP 279w 時間が短いのと何度か逃げようとしたせいで強度高め。

 

決勝は序盤から優勝候補がアタックをかけ、それに追随する形で6人の逃げグループに入ることができた。逃げに優勝候補が2人もいるのに、なぜか大集団は速度を上げてこず、逃げ成立。あれは逃がしちゃダメだよね。

そこから30分くらいかけて大集団をLAP。と簡単に書くけど、その間はもう地獄。途中15分くらいで追走集団との距離が全く広がらないのを見て絶望感。すぐにでも千切れたいと思いながらもなんとか食らいついてローテを回し、LAP成功。死ぬかと思った。。ただ意外に出力は出ておらず、Ave 253w, NP 269wくらい。

途中、気づかないうちに落車があり、救急車(最近多いな...)が来てレースがニュートラルスタート。落車された方、お年を召されていたように見えたので心配。。。自分がそうならないように、やはり無理はしないのが大事。

最後は昨年ワンツーでゴールした2人がやはり強く、スプリント開始への反応が遅れ、その後の伸びも悪く、一緒に逃げた人1人にも先を越されて4位。地足もないけど位置どりやスプリント力などもまだまだ。

1時間3分くらい, Ave 219w, NP248w

帰りになんでも無いところで低速で落車し擦過傷。。痛い。やはり帰るまでがレースです。