読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2/12 風邪なのでローラー台で仮想富士ヒル

昨日の反省から、風邪を治すことを第一に、

・寒いところに行かない。

・心肺に負担のかかることをしない。

の2点を守って大人しく。何やら前提が誤っている気もするが、一旦気にしないことにする。

まずは午前中にSST。昨日の疲れが取れておらず、意外にパワーが出せなくて早々に嫌になる。外は天気がいいのにローラーなんて。。(←これが一番の要因。自転車はメンタル要素の強いスポーツ。)

amazon primeの弱ペダ映画もレースシーンが始まらずつまらない。いつもの半分もやらずに早々に切り上げ。。

 

それならば、と午後はテーマ設定を。なるべくゆったりペースで、でもスイートスポットの範囲は外さずに長時間。それでいて終了時間が明確で飽きることがないメニュー。

その名も仮想富士ヒル。手元のExcelシートでドラフティングなしで75分を切れるペースで、75分回し続けるというもの。終わりが明確だし、キツ過ぎず楽すぎず、スイートスポット下限くらいの強度でひたすら75分。

最後は1分間くらい強度を上げて終了。結果は1h 15m, Ave 231w, TSS 106で無事シルバー獲得( ´∀`)

 

終わってみればいくつかの発見が。

・最後はもう少し長い間強度が上げられた。(→この強度なら終了3〜5分間はもがける体力が残る。気がする。)

・この強度なら30分経過時も1時間経過時も体に感じる負荷はほぼ同じ。(→意外な発見。)

・この強度ならもっと長い時間走っていられるが、これ以上の強度では数十分程度でも走れない感覚。(→体がスイートスポット強度に慣れてしまう感覚??最初は10分以上かけてこの強度に上げていったけど、ターゲットを高めに、そして最初に短時間でターゲット強度まで上げてしまった方がいいのかも?

富士ヒル前までに何度かやってみて、傾向と対策を考える予定...