読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3/12 取手アワーディスタンスチャンピオンシップ 4位

自転車 レース グループライド

9位の男の汚名(?)返上。

予選は20分、決勝は1時間で、予選の上位18人が決勝進出。人数は30人くらい?序盤で千切れる人もいるだろうし、さすがに不安要素ゼロなので、色々動いてみようと何度か逃げの機会を伺う。

何度か1人または特定の人と2人で集団から飛び出すけど、ローテがうまく回らない。「回そう!」とか「時計回りにローテ!」とか叫んでも聞こえているのかいないのか??うまく回らずに2、3周で集団に吸収される、を繰り返す。(レース後に外国人だったと気づくというオチ。)

最後は掛けどころで集団内で団子になってしまい、流しゴール。なんか「なんでお前らスプリントしないんだよ!!」とか同じ団子の中で叫んでる人がいたけど、まあ位置どりが悪いのは自己責任でしょ、とかどことなく冷静に思いながら。でもなんであの局面でスプリントしようとしないのかな?というのは確かにやや疑問。10位。。

20分25秒, Ave 247w, NP 279w 時間が短いのと何度か逃げようとしたせいで強度高め。

 

決勝は序盤から優勝候補がアタックをかけ、それに追随する形で6人の逃げグループに入ることができた。逃げに優勝候補が2人もいるのに、なぜか大集団は速度を上げてこず、逃げ成立。あれは逃がしちゃダメだよね。

そこから30分くらいかけて大集団をLAP。と簡単に書くけど、その間はもう地獄。途中15分くらいで追走集団との距離が全く広がらないのを見て絶望感。すぐにでも千切れたいと思いながらもなんとか食らいついてローテを回し、LAP成功。死ぬかと思った。。ただ意外に出力は出ておらず、Ave 253w, NP 269wくらい。

途中、気づかないうちに落車があり、救急車(最近多いな...)が来てレースがニュートラルスタート。落車された方、お年を召されていたように見えたので心配。。。自分がそうならないように、やはり無理はしないのが大事。

最後は昨年ワンツーでゴールした2人がやはり強く、スプリント開始への反応が遅れ、その後の伸びも悪く、一緒に逃げた人1人にも先を越されて4位。地足もないけど位置どりやスプリント力などもまだまだ。

1時間3分くらい, Ave 219w, NP248w

帰りになんでも無いところで低速で落車し擦過傷。。痛い。やはり帰るまでがレースです。

3/11 龍Q練(5周のみ)

トレーニング グループライド 自転車

今日も朝早くから龍Q館へ。

明日は取手でレースの予定なので、今日は5周くらいで終わらせる予定。ogaさんが「え!今日5周でやめちゃうの!?」と振ってくる (^ ^ ; これは振りか?振りなのか!?お約束ってやつか!?

上げ下げなしのマッタリペース(当社比)で走り、5周目でまだ負荷が掛け足りない気がしてもう1、2周行こうかとも思ったけど、24コーチから「明日に備えな!」とのお声がけがあり、そうする事に。(主体性...)

止まってびっくり、achichiさんの買って1年以内のフレームのディレーラーハンガーがもげてる。。御愁傷様です...(゚д゚lll)

明日は取手アワーディスタンスチャンピオンシップ。名前が長いけど、要は競輪場で予選ありの1時間エンデューロ。疲労を抜くべくお休みなさい。💤

Ave 190w, NP 215w, 最大心拍 140bpm(5周回), 1507kj(total)

3/10 臨時休足日

トレーニング 雑記 自転車

本来軽くインターバルをする予定だったけど、ATL高過ぎで疲労感が残っており、レースに向けて疲労を減らしてTSBを0以上に上げるためにローラーは休むことに。

よって今日はランジとプランク、そして柔軟体操のみ。明日は龍Q練だけど、レース前なので途中離脱予定。

3/9 夜ローラー

トレーニング ローラー 自転車

回数減らしたSSTをやる予定だったけど、気分的にも乗らず、体の調子も不調気味。

FTP強度で265w 6分ののち、95%250wで回そうと思ったけど、245wくらいまでしか上がらずしかもズルズルと落ちていく。10分を待たずにやめやめ。気分も体も出来ない時に頑張っても意味がない。TSBもこのところずっとマイナス二桁だ。こんな日もあるさ、と気にしないようにする。

TSS 40, 415kj, 最大心拍 166bpm

3/8 夜ローラー

ローラー 自転車 トレーニング

昨日は休息日。今日からなんちゃってテーパリング開始。はて、一般にレース前はコンディショニングの為にトレーニング量を減らした方が良いと言うが、果たして??この程度じゃベースが少なすぎるという指摘もあるかもしれないが、現状CTLは100近辺まで上がっている。

とりあえず3分−3分インターバル、FTP比120%、ターゲットは318wで回数を減らして3回。

317w、319w、318w

TSS 40, 336kj, 心拍数計測忘れ。

「オスカルフレイレ怒りのアタック」の動画はローラーのお供に最適な気がする。

youtu.be

3/6 筑波山

お一人様 自転車

有休消化ステージ最終日。

昼は雨が降る予報だったから出るのを躊躇したけど、まあなるようになるでしょ、と行き先を決めずに9時過ぎに出発。

さすがに疲労が溜まっているのか?少し調子が悪め。同じ感覚で踏んでも昨日よりもマイナス30wくらいの出力。

折り返し地点を決めずに小貝川を北上したら筑波山の麓まで来てしまったので、いつもと別ルートを登ることに。モチベーション湧かずタイムアタックなし。

湯袋峠(スタート地点は適当)11分28秒 260w

風返し峠(湯袋峠分岐から)11分17秒 255w

帰りも小貝川沿いを一定ペースで。キノフィットで言われた腸腰筋を使うペダリングを意識してみて気づいた。これ、まこっちさん、zukaさん、それにHONDA栃木のzanto君のペダリングと同じじゃないか?このペダリングFTP近辺で漕ぐにはすごく楽なんだけど、それ以上のパワー域は出しにくいのと、股関節の柔軟性がないと長時間継続できない。それに柔軟性が上がればポジションが相当変わりそうな予感。。柔軟体操は継続します。

あわよくば雨に降られず帰れるかと思ったけど、帰りの常総付近から降られてしまった。

TSS 265, 2871kj, 最大心拍 167bpm

3/5 印西ポタリング(笑)

自転車 トレーニング グループライド

家を出てからDi2の電池切れに気づき、フロントインナー固定のまま本日スタート。

周回練だとスプリントできないし、今日はちょっと集まりが悪かったので印西方面のポタリング(笑)に決定。ゴメンナサイ。。前回の充電から2ヶ月、これまでよりもバッテリー切れのペースが早まっているように感じるので、電池のヘタレかも。今後は1ヶ月に1度くらいはバッテリーチェックするようにします。来週のレース本番での発覚じゃなくて本当に良かった。

キノフィットで教えてもらった事をイメージしながらペダリングしてみると、FTP強度やそれよりやや上の強度での維持がいつもより楽(な気がする)。

途中の坂ダッシュはギアが足らず(という事にして)attackerにほぼ全敗。

ハンドル幅の変更はすごーくいい。肩が縮こまらずに乗れている感じ。もっと早く試しておけば良かった。

ダンシングのやり方が新しいハンドルだとイマイチしっくりこないけど、慣れの問題か(そもそも今日はギア足りなかったし...)。

キノフィットは何回か受けたけど、今回が一番納得感があった。前回受けてからトレーニングをして体の状態が変わったと思うし、「ここが問題点なのかも?」という自分の感覚と先方の見解/提示された解決策が一致し、かつ期待以上の解決策を出してもらえた感じ。ある程度トレーニングを積んでいるか、グチャグチャなポジションで乗っているかの両極端な状態で受けるのがいいのかも。「それなりに良いポジションで乗っているけどトレーニング量は少な目」な状態だと定期的にフィッティングを受け続けても現状維持になっちゃうんじゃないかな。

来週のレースは表彰台狙い。去年のパワーデータを見ると、だいたい龍Q館第2,第3パックの前半1時間と同じかやや低いくらいのレベル。ただし明らかに強いスプリンターが2名。スプリンター2人と一緒に逃げて集団をラップし、最後は勝負を譲るのが(脳内的に)最も楽して表彰台に乗れるやり方かも。

TSS 236, 1830kj