読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5/27 筑波山からの手賀沼周回

今日は所属のセオ初石チームの筑波練。

8:00に大池集合だから5:30に自走で初石を出発すれば間に合うな♪(←大変アレな発想…)

雨がパラついてるんですけど。。昨日のNHKでは夏ちゃんが大活躍!と言ってたのに極寒。why!?アタッカーと合流していつもの小貝川沿いを北上する。北風がややあったので、気合いの40km/hで。登り練の予定がこの時の方が結果的に山より強度高いという…(^^;)

余裕を持って大池到着、曇天で雨がパラつく中、車組と共に不動峠へ、、と思った矢先、先に着いて不動峠でウォームアップしていたtsuka君から落車の報...! 少し経って駐車場に現れた彼の自転車のブレーキレバーは片側が完全に折れ(曲がるではなく)、肩と腰には泥が...病院に直行したら打撲で1ヶ月程度ドクターストップとなったというのは後情報。

今日はどうせ路面が悪そうだからタイムアタックせずに、前後で本人がギリギリ登れる強度で"優しくサポート"しながら、"時折優しく激励し"ベストラップ更新の手助けをする、"tsuka君応援クライム"にしようと思っていたけれど、tsuka君DNSによりやることがなくなったのでアウタートップにしたり欧州レース風に実況したりしながら遊びつつ、15分ちょいで不動峠登頂。あんなんでも15分なのか、、成長したもんだ。

もはや視界30mくらいで濃霧がかかり、雨がパラ降り山練気候ではない…強烈に寒く風返しまで登って湯袋峠経由真壁まで下りた時点で今日これ以上に下りをこなす気力ゼロ。1人DNSを決め、メンバーに別れを告げる。。

距離が足りないので、小貝川を利根川合流地点まで下り手賀沼周回練コースへ。小貝川は帰りも40km/hターゲットで1人頑張る。守谷を超えた辺りからハンガーノックと強烈な向かい風に苦しむ。

周回練コースでは東風が吹いていたので、だらだら坂のKOMを取ろうと意気込むもハンガーノックのダメージが抜けずトップから5秒差くらいで完全圏外...orz 一周半して終了。

本日の距離は190km超で山練ではなく平地練になってしまった(^^;)途中で別れた山練組も、結局もう一本登って萎えて終了してしまったとの事。

TSS 390, 3950kj, 体重62kg, 体脂肪10.9%

5/26 夜ローラー

明日は筑波練のため今日は軽めで。

320w, 320w, 321w 各3min

最後にちょっと上げてみる。筋肉の使い方を感じ取りながら。

400w 20sec

昨日やった350wの踏み方と450wの踏み方はかなり違う。450wは膝を持ち上げる感じ?

明日はattackerを山でケチョンケチョンにしてやるぜ。(フラグ)

TSS 50, 385kj, 61.8kg, 体脂肪10.5%

5/25 夜ローラー

昨日暑すぎて(というのを言い訳にして)長時間メニューが厳しかった反省から、今日は言い訳の逃げ道を減らす工夫でメニューを変えてみた。

これまではFTP走6min→SST走20min×2本だったけど、これだとSST走に入る前に体が熱くなってしまう。負荷が高めのセットは前ではなく後に回す事にして、且つFTP走ではなくレース後半の上げ下げを意識して1min×タレるまでとしてみた。

さらにジャージ(上)は着ないでビブショーツのみ着用で汗の処理は諦める替わりに涼しさを追求。だ、誰も見てないから...(//∇//)

250w, 246w (共に20min, rest 5min)

374w, 365w, 353w, 331w (全て1min, rest 1min)

最後はタレてきたので4本で終了。。終わった後で自転車の上で悶えるまで追い込まなかったから、もうちょっといけた気がする。あと1本死ぬ気で追い込んでもよかったかも。反省。

セット時間の長いのは前に持ってきて短いのは後、というのは精神的にも楽だし、これからの季節は体温調整との戦いになってきそうだから、今日のような工夫は有効かもしれない。

TSS 92, 861KJ, 62,3kg, 体脂肪10.8%

5/24 夜ローラー あ..暑い...

今日は体調が悪くて急ぎの仕事以外は明日に回しさっさと帰宅。

20分SST 250wをやるつもりでローラーを回し始めたけれど、「仕事から帰ると元気になる」的なことも起こらず調子が悪いまま、目標未達。うーむ、、レース後で回復に時間がかかっているのか、この暑さが原因なのか、はたまた表彰台に乗れたことで無意識に満足して練習したくない症候群に陥っているのか、、、

とりあえず回復は優先しようと思いつつ、このまま終わるのも癪なので1minインターバル。

6min 272w, 5min rest

6min 245w, 1min rest

以降1minずつ 402w, 363w, 374w, 349w, 360w

計5回。間のレストは80w~110wくらい。負荷をかけてる最中は毎回やめたくなるけれど、レストの終わり頃には回復してるので「やれやれもう一回やっとくか...」となり、最後には「せっかくだしTSS60くらいまではやっとくか...」となった。

これ、ターゲット負荷も回数も定まってないしパワトレとは言えないよなぁ...

もし暑さが原因だとした場合、これからの季節のパワトレメニューをどうするべきか?

これまでの20min-3minを継続すべきか?

3min- 1minに時間を短縮してその分回数と強度を増やすか?

TSS 61, 483KJ, 62.4kg, 体脂肪10.9%

5/24 夜ローラー

レースから一日休息日を置いたのにハムストリングをはじめ足がピキピキ言っているのでほとんど回復走状態。たまにテキトーに負荷をかける。

320w 3min

330w 1min

600w 30sec

290w 1min

355w 1min

TSSは50で。消費エネルギー370KJ。

62.4kg, 体脂肪10.2%

明日から本気出すつもり_:(´ཀ`」 ∠):

5/21 ツールドひたちなか 2時間エンデューロ

落車もなく無事2時間を2位で走り抜けたのでそのレースレポート。このレベルのレースでここまでの成績を取れたのは実質初めてなのでニンマリが止まらないぜ。

〜レース開始まで〜

朝の計測では体重62.2kg, 体脂肪率11.2%。今の体調だとこれくらいがベストかな。6月までに体脂肪を一桁まで落とすのは難しそう。

早めに会場に行ってチームメイトを応援しようとしたら、常磐線が人身事故で止まって1時間遅れ...受付時間の制限もあったので、むしろ早めに出発したのが不幸中の幸いかもしれない...

着いて見はじめたら観衆の中に24さん発見。今目の前の3時間レースを走ってるんじゃないでしたっけ??なんでも落車に巻き込まれかけて戦意喪失したとのこと...残念。お相手の方は大丈夫だったんだろうか...

attackerやカトさんも終始先頭集団にいるけれど、どうも番手が低い。20人目?くらいの位置に付けているのでもうちょっと上げないとインターバルもきついし最後のスプリントで上がれなさそう。と、最終周回あたりでカトさん脱落...両足攣岬だったそうで、南無...(-人-)

最後のスプリントは2人抜け出ていると思ったら、APEXのシマケン君!見事優勝!とはいえ熱中症気味だったので急ぎ日陰に入り給水。attackerは10位、カブは12位でまずまずの順位。どうやら最後のヘアピンからの登りでフルもがきして前に出ないと着に絡むことはできないらしい、という超有用情報をカブから得る。これが最後に効くことになる。

あ、シマケン君に水あげたせいで自分のレース用の水がない...しかもシューズカバー付けてなかった...すでに2時間組の整列が始まっており、猛烈に焦りながら急いで準備。今日はあまり人には言えない「ステルスジャージ作戦」で。

〜2時間レース〜

cyclo-sphere.com

のっけからハイペースで、しかも先頭を走る人の単独落車も2件。意外だったのはチームオルトレの武井選手が早々に落車リタイアしたこと。牽く人が減っちゃうじゃないか...しかも番手が悪い上、変な緊張感で手に力が入らない。最初の30分くらいは30〜40番手くらいでひたすら苦しむ。パワーデータを見ると、Ave170w, NP200wくらいで大した強度じゃないはずだけど、2箇所あるヘアピンの後で毎周回ほぼ850wくらいでインターバルがかかるので数値に出ないキツさがある。一回などは900w以上出ていて今日の最大パワーをマーク。毎周回スプリント並みのパワー(当社比)を出してたらそりゃ疲れる...

こりゃさっさと前に出ないと死ぬな、と思っていた矢先、最強レーサーの高岡選手が発進!モーレツに強度が上がったおかげで前からの脱落者多数。おかげで死ぬほどキツいかったけど、なんとか番手を10番手くらいの好位置に上げられた。

この1回目のアタック自体は六本木エクスプレストレインが中心になって頑張ったおかげで高岡吸収。チームプレイしてねえww

1時間10分経過した頃、再度高岡選手が単独アタック!今度のは強烈すぎてその他大勢はもはやなす術なし...4時間以上走ってるのにあの強さはいったい...バケモノすぎてどうしたらあの領域まで鍛えられるのか全くわからない...

とは言え集団のペースはわずかに控えめに。今回は後半はインターバルがかからないよう常に2〜10番手くらいに位置取り、2時間走って自分が先頭を牽いたのは5秒くらい?ってくらいにとにかく控えめに、控えめに。。表彰台に乗る人の行動としてはあまり褒められたもんじゃないけれど、おかげでなんとか温存できた。

そのまま特にアタックはかからず(散発的な意味不明アタックは何回かあったけど全員吸収)、最終周回へ。今回は下総と違い、2時間があっという間だった。とは言え、残り30分くらいの頃からふくらはぎがピクピク言って、ペダリングの調子を少しでも変えたらすぐにでも攣ってジ・エンドになりそう。

最終ヘアピン前のアンダーパス後に2,3人早駆けする人がいたけれど、ここはまだ自分の距離じゃないと放置。ヘアピン後のゼロスピードから登りに入る場所で、6,7番手くらいから発進!両足が攣りそうなのを抑えながら踏み倒す。人が付いてくる気配がなく、最後に緩いコーナーの先にゴールまでの視界が広がった。

もしかしてトップ!?このまま優勝できるか!?と思ったら、3,40mくらい先に早駆けしていたうちの1人がいた。同じチーム2,3人で行かせたのがマズかった?他のチームメイトは発射台になったみたい。そう言えば数秒前に似たようなジャージ抜いたな...ゴールまでに追いつくつもりでもがいたけれど、下り気味なのもあってアウタートップでも足が回り切ってしまう。足攣る...!ギリギリで走り続けて10m差くらいまで迫った(気がする。当社計測)けれど、届かずゴール。

最後のヘアピンでもがき始めてからゴールまでは距離600m, Ave48.5km/h, Max60.0km/h, 43sec, Ave575w, Max873w。

あの中には1000w出せる人もいたんじゃないかと思うけど、蓋を開ければ3位には1秒差を付けていたのでスプリント力も捨てたもんじゃない?

表彰台からの眺めはよかったぜ...知り合いみんな帰っちゃってたけど...

f:id:Cycle_Training_Project:20170521225506j:plain

そしてレースの代償。なぜか内側が焼け切れていたヴェロトーゼ(泣)

賞品のイナーメオイル(市場価格1500円)よりもこっちの方が高いじゃん!持ち出しじゃん(泣)

 f:id:Cycle_Training_Project:20170521225630j:plain

TSS 118, 1160KJ, 体重朝62.2kg→スタミナつけるための大食い→レース後60.2kg(水分がぶ飲み後で)

帰りはひたちなかの温泉で電気風呂に痺れた後、常磐線の遅れと運休にさらに痺れながら帰宅の途に。知り合いの別レースでの優勝の報もあり、自身も実質初めてちゃんとしたレースで入賞でき、大満足な一日でした。

勝田あかつきの湯 茨城県ひたちなか市のスーパー銭湯

これからの練習の励みになるな( ´ ▽ ` )

 

5/20 レース前調整(?)

明日のひたちなかに向けた調整的な位置づけで8214朝練に久しぶりに参加。朝下痢で腹痛に目が覚めたのと丸2日間自転車乗っていなかったので乗り方を忘れてる感じでヤバい。

踏むなよ!絶対踏むなよ!と心がけようとしつつも、なんか後ろに人が張り付いてると40kmhくらい出したくなってしまう。明日負けた時の言い訳を作らないようにしなきゃいけないのにな。。

ポニー牧場で単独離脱、水元公園で補給して55kmくらい。その後中古車購入手続きのために往復20km。なんだかんだで75km走ってしまったので、午後は極力何もせず回復に努める。

TSS 112, 1230kj, 62.2kg, 体脂肪10.3% ←もうすぐ一桁!?