胸痛によるおやすみ

先週金曜夜から胸が痛くて今週は自転車通勤はお休みして車で出勤。なんだかフラストレーションがたまる。。

少し咳き込んだだけで胸の特定の一点が激しく痛むので、念のため整形外科へ。幸い肋骨の骨折は見つからなかったけど、疲労骨折の場合後でわかることもあるので気をつけろとのこと。疲労骨折じゃなくても肋間筋か軟骨が痛んでるのは間違いないので痛みに繋がることは控えろとのこと。咳をするときも痛む場所を押さえながらすればかなり痛みが和らぐ。

仕方がないのでしばらくvo2max域のインターバルトレーニングは行えない。自転車に乗るときは250wくらいを上限にして上げないようにしないと。。追い込むと咳き込む→痛む→治りが遅くなる、最悪今折れてなくても疲労骨折に繋がる。

風邪気味になりやすく痰も絡みやすいこの季節、追い込むとどうしても咳き込みやすくなる。高強度のトレーニングは禁物だな、と今更ながら気づく。高強度の通勤練ができるのは春先から。今はFTP以下に抑えよう。

一般に冬場にベースアップトレーニングが推奨されるのはこうした故障リスクを減らす観点もあるのかもしれない。

powerサドル追加レビュー

前ポジよりも少し前乗り気味にして乗ったpowerサドル追加インプレッション。

色々いじったけど、最初のポジションが正直一番良かったかも。

先週末にもう一度整体へ。驚くことに一番使ってガチガチになっていたのは大腿四頭筋だった模様。自覚はなくハムと大臀筋を使ってると思っていた。これはアカン。。そういえばハムの張りというか、火照りが今週は少なかったような。日曜は大腿直帰筋が痛くてポタリングに。

 

パワーの出方はというと、座り方によって変わる。

300wちょいをケイデンス105rpmくらいで安定する座り方と、250wちょいを85rpmくらいでちょうどいいと感じる座り方。

疲労状態も影響していると思うので、あともう半月〜1ヶ月ほどでフィットネスレベルが定常状態に達するまでいろいろ試してみてから一度以前のポジションに戻そうかと。

追い込めないので常磐線終端紀行

 起きても疲れが抜けない。というか、夜中に足の筋肉痛で起きる寸前になってる気がする。昨夜は急に咳が止まらなくなって胸の一点が凄く痛む。起きてグダってると不思議と疲労感は抜けてきたけど、肺はダメな感じなので今日は追い込まない強度で。家でグダグダしていたら家を出るのは昼前になっていた。家を出てからネックウォーマー忘れに気づく。まあいいや。

200w以上はキープしながらゆるゆると走る。途中からテーマがないとつまらないなーと思い、いわき市常磐線駅各駅停車の旅に出ることに。国道6号を北に上がっていく。まずは久ノ浜駅

f:id:Cycle_Training_Project:20180113213339j:image 

なかなか普通な感じの田舎の駅舎だ。ここの自販機で、濃厚カルピスが実はサイクリング中に飲むと美味いと知る。

次は末続駅。ここは入り方や駅の存在場所がなかなか分からず、結構な秘境駅だ。

f:id:Cycle_Training_Project:20180113213618j:image

駅の建設時の写真も待合室に掲載されていて興味深い。

f:id:Cycle_Training_Project:20180113213626j:image

ここで実はいわき市は終わってしまう。次は広野町広野駅になる。ここで終わるのはなんだかもったいない。。さらに北上を決める。次は広野駅

f:id:Cycle_Training_Project:20180113213938j:image

ここは東電広野火力発電所やJビレッジもあるからなのか、少し拓けてる感じ。広野町市街地もあるし。さらに北へ。6号線には原発の工事車両が増えていく。。パトカーも激増。福島第一関係かな。。?

次の木戸駅は所在不明で残念ながらスルーしてしまった。気付いたらその先の竜田駅

f:id:Cycle_Training_Project:20180113214209j:image

普通の田舎駅だ。時間は押している。昼前に出たし、ライト類を付けてないので途中日没はアウト。すでに日没まで3時間くらい。まあ、なんとかなるでしょう。現在の常磐線の終着駅、富岡駅まで行ってみよう。

こんな感じの建物がこの辺りから急に増えてくる。

f:id:Cycle_Training_Project:20180113214501j:image

夕暮れと廃墟。なんだか哀愁が漂う。もう引き返したい。。

Shoujo Shuumatsu Ryokou OP / Opening Full - Ugoku, Ugoku (動く、動く)『少女終末旅行』 - YouTube

 

さて、じきに富岡駅へ。どんな終末感溢れる駅なんだろう、と思っていると...

f:id:Cycle_Training_Project:20180113214628j:image  f:id:Cycle_Training_Project:20180113214644j:image  f:id:Cycle_Training_Project:20180113214700j:image

意外に綺麗に整備されていた。さすが公共事業大国、ニッポン。シンボリックな場所は需要はなくてもしっかり整備するぜ。

なにやら駅の隣で海の方に向かって巨大な道路(橋?)が建造中。一体どんなバベルの塔立派な道路を作るんだろ。色々調べると興味深そうだ。

この時点で14時半をとうに過ぎ、日没まで2時間ちょい。家からの走行距離は70kmくらい。帰りは向かい風気味。結構足使ってる。

 

オワタ/(^o^)\

 

まあ最短距離を走れるだけ走ってどうしようもなくなったら懐中電灯でも買おう。。

意外に寄り道していたようで、帰り道は6号線を60kmくらい、2時間ジャストくらいで日没とほぼ同時に帰宅。

やれやれ、、冬は日没時間にご用心。後でログを見てみると、今日はとんでもなく一定走だった。

f:id:Cycle_Training_Project:20180113221640p:plain

体の回復が遅い...けれど通勤練

3連休から2日間の休足日(仕事ともいう)を挟んだけど、ハム、大臀筋大腿四頭筋をはじめ身体中の節々が疲れて回復しない。

けれど刺激を忘れてしまうのもマズい。という事で通勤練。いわきは今日も快晴。テレビを点けてもどこも大雪というニュースしか聞かないので明らかに気象的に何かに守られてる...。

疲れが抜けずパワーが出ないので、出力だけ見たら自分比昨年9月末くらいの強さのまま。2分出力も400wでまだ弱い。16分NPも300wをちょっと超える程度。

年末からTSBが常時-20~-50くらいの間でウロウロしているのでこの状態も納得。休息サインも出ているけれど、あえて少し回復しては再度負荷をかけてどうなるかを人体実験中。あと1週間くらいでこの疲労度に慣れてくるといい感じになるかな?

上手くいけばスピーディに以前のフィットネスレベルに戻せるので、これを「急速再起動」とでも呼ぼうかなw

三連休 体のメンテ

ツールド年末年始も終わり回復期2日間を置いた開幕(?)のツアー・スリー・レンキュー。と言っても初日を除きぼっち練。

初日からTSB-30くらいでスタートし、最終日は-50くらい。今日はもう疲れて踏めないのと、段々体の左右バランスが崩れてきているような。

サクッと70kmくらいで切り上げて温泉へ。つけ麺300gとハンバーグ+油淋鶏+ご飯大盛りが今日の昼飯。

その後近くの整体へ。案の定、体が歪みまくってますよと言われる。整体のお姉さんに「人体模型みたいな理想的な筋肉のつき方ですね」とか「今年一番のいい筋肉の足をさわれました」とか笑顔で言われて気をよくする。うむ...ここの整体通うかな...

明日からようやく仕事が本格的に始まってくるので体をしっかり休めて週末に備えよう(逆

Specialized Powerサドル

あくまでもこれまで使っていたボントレガー AJNA Eliteから変えてみての機材インプレッション。

f:id:Cycle_Training_Project:20180106192748j:plain

f:id:Cycle_Training_Project:20180106192824j:plain

 

一言で言えば「これ、チート機材やで...!!」

パワーロスが少なくコスモスフィット的なペダリングがしやすい(気がする)。

結果的にケイデンスが上がりやすくなる(体感で+5rpmくらい)。

パワーが上がるかどうかは今の疲労度もあるので単純比較ができず、今後しばらく使ってみて確かめていく必要がありそう。

前乗りがしやすく、硬い。厚みはボントレガーのAJNAと同じくらいだけど、しなりがないので少しサドルを下げたあたりが適正っぽい。とりあえず今日100km走った後でサドルを数mm下げつつAJNAよりも1cm程度前乗りに。これでしばらく様子見です。

今日は後半一緒に走った山猿さんがお疲れモードで坂でツラそうだった。いつもと立場が逆や。正月疲れ(一般用語?)をしっかり抜いて行こう。

2017年振り返りと今後のトレーニング計画

まだ勝ててはいないけれど良い結果を残せた2017年。まずはその振り返りです。

f:id:Cycle_Training_Project:20180105200524p:plain

FTP設定はだいたい260~265wで上のような推移でした。CTLとパフォーマンスはかなりリンクしていると思うので、順を追って見ていきましょう。

1月はCTL70前後からスタートしてジワ上げし、3月〜4月で一旦100弱でピークに。E1,JPTクラスな人たちが不在な龍Q館では1周全引きしても全然疲れないとかスプリントでも下手こかなければ全勝(は言い過ぎ?)だったのもこの頃。

その後4月後半で若干息切れ気味になり、キングフィールズ練でサクッと千切れていたのが4月末くらい。GWの下総エンデューロでは第2グループからも千切れている。

でもその後復活。GW後半〜5月末はCTLも上昇して100以上に。5月末のひたちなかエンデューロ、6月初旬の犬吠埼ではどちらも表彰台に。

しかし転勤によりその頃からトレーニング量が激減。CTLもだだ下がりし6月は100→70に急降下。6月中旬の富士ヒルクライムはそれまでの”貯金”を食いつぶしてなんとか過去最高タイムを出せたけれど、7月の転勤完了時にはポタリングクラスタに。

8月の夏季休暇までジワジワトレーニングしてCTL100を超えたけれど、パフォーマンスは上がらず。この期間がCTLと実際のパフォーマンスがもっとも乖離していると感じた時期。理由は正確にはわからないけれど、トレーニングの激しさを測るIF(インテンシティファクター)が低めだったのもこの時期。青点がそれまでと比べ少し下がっています。↓ 若干心の目で見る必要アリ...

f:id:Cycle_Training_Project:20180105202925p:plain

”トレーニング量=CTLが高くても高強度で走らなければパフォーマンスは落ちる。”という重要な経験則がここから導き出される。

8月末から岡フィットに行ったり高強度短時間トレーニングを行い始める。最初は疲労が先行するはずだから、結果が見えてくるのは疲労に慣れてくる10月中旬くらいだと思って地道に継続。すると予想していた時期に予想していた以上にパフォーマンスが爆発した。間違いなくスーパーサイヤ人状態だったのがこの10月中旬〜11月前半。この時期でFTP設定260wでCTLは120前後。この状態で疲れ知らずだったので、おそらく実CTLは一時的に90前後。FTP測定をしていないけれど、FTP換算するとだいたい290~300w (4.6~4.8w/kg)くらいだったのでは、と推測。

沖縄後は体調を崩してトレーニングがままならず、一時CTL50台まで落として今に至る。

-----

f:id:Cycle_Training_Project:20180105204304p:plain

とりあえず2018年計画を作ってみたのは先日も書いた通り。

FTP設定は275wなので、FTP設定260wの昨年と比べてCTLが10%程度落ちたあたりが昨年と同レベルの運動量という目安。(この辺のチョロチョロした計算は割愛。適当にその辺のパワトレ本を漁れば色々書いてあります。)

3月初旬くらいまではなんとなくリアリティのある絵が描けているけれど、その先が絵餅状態。今年は計画入力欄と実績入力欄を分けて、当初の見通しに対してどの程度当てが狂ったかが後でわかるようにしてみた。やってる事は同じだし単純なのに、だんだんとマニアックになっていく数値転がし...↓

f:id:Cycle_Training_Project:20180105204939p:plain

昨年末は自転車にあまり乗れず年末にかけてパフォーマンスが急降下→ツールド年末年始でダメ押し、で今は疲労がピークに。1月中旬頃まではどうしたって疲労が先行するのでそんなに良い感じに走れないだろうけど、まあその先があるさと思って悩まず今年もやって行きます。