通勤サボり

月曜は筋トレとローラーでポジション観察のみ。やっぱりハンドル角がしゃくり上がり過ぎてる感。ステムで調整が濃厚か...

月曜に続き火曜も車通勤。もう先週も含めると勤務日は4連続でチャリ通サボってる(なお仕事には行ってry)。

チャリには乗れるけど(週末は250kmくらい走ったし)、チャリ通すると自然とインターバルトレーニングで汗だくになるのでハイドロパットがぐしょぐしょになって職場で...という面倒があるので、治るまであまりチャリ通したくない(汗)

落車して10日。傷は明らかに小さくなったけど、大腿と肘の傷が意外に深くてここから治りが遅そう。肩は一番痛みが強かったけど、もう傷がカスピ海並みに縮小してほぼ埋まってる。

(白いところがまだ塞がってない場所。赤い部分は薄皮が張ってる。)

大腿

f:id:Cycle_Training_Project:20180821073401j:image


f:id:Cycle_Training_Project:20180821073259j:image


f:id:Cycle_Training_Project:20180821073348j:image

実業団やって落車慣れ(絶対嫌だ)してる人からしたら、その程度の傷でグダグダ言うな、かもしれないけど、幸運が重なっただけで重篤事故に繋がりかねない落車だったし、この痛みを忘れないようにしなければ。

最近乗り慣れて油断してないか?注意力散漫になってないか?自分は大丈夫だし正しい判断をしてると傲慢になってないか?パワー出せてる自分凄いとかカケラでも思ってなかったか?

この手のスポーツを続けたければ、ガシガシやるだけではなく時々立ち止まって謙虚になる必要があるかと。

ポジション沼→回復?

今日は午前中に色々整理(主にヤフオク出品で購入品の元を取る)して、昼前からライドに。相変わらず左会陰が痛い。。

順に行ったポジション変更点↓

  1. ハンドル遠い!と腰がきつい!サドルが後ろ下がりになりすぎていたので水平に
  2. 腰が後ろ過ぎる感じがした(ハンドルが遠い?)のでサドルを少し前へ
  3. 死点付近でペダリングが少し詰まる感じがしたのでサドルを少し高めに

1.をやったら感触良好。2.をやったら違和感が消えた。で、3.をやったらハンドルが一気に遠くなった感じでまた肩が痛くなってきた。65kmくらい超低強度で走って終了。

f:id:Cycle_Training_Project:20180819212250j:plain

大腿四頭筋が死ぬほど張ってる。明らかに足の使い方がおかしい。

あと、ヘッド周りからカチカチ音がして死ぬほど気持ち悪い。

f:id:Cycle_Training_Project:20180819212302j:plain

通りかかった豊間の海水浴場でレスラー達?が余興やってた。遠目だったけど地味に面白かった...w

うーん、、それにしてもポジションの違和感はどうしたら解消するんだろう...

(ちなみにヘッドのカチカチ音はコラムキャップのねじ山にガッツリグリス塗ったら一旦は消えた。)

〜〜〜

で、夜になってやっぱりローラーでポジション見たろ!ってことで回し始める。

...

......

すげえ。

よくこのポジションで昨日今日と走ってたな。。

固定ローラーのこれまでずっと回してきた感覚を体が覚えているのか、違和感ありまくり。やっぱ基本はローラーだ。

今日のポジションだとケツでサドル押してロスが半端ないし、ハンドル遠すぎだし、鏡で見るとペダリングのたびに体がグネってる感じ。なぜ最初にローラーをやらず実走に行ってしまったのか...回し始めて20秒でポジションのおかしさに気づくぞ、これ。

早速ポジションこちょこちょ↓

  1. サドル1cmくらい下げ
  2. サドル1cmくらい後退
  3. ハンドルしゃくり上げ(とりあえずポジション出しのため)
  4. (番外編)スプリンタースイッチをガッツリ数cm下へ

要するにホビット族仕様に。スプリンタースイッチはスプリント時ではなく高速巡航時の使用頻度が高いので握って楽な位置に。

おお...

違和感が消えた!?

3.のハンドルしゃくり上げはできればステム高で調整したい。ショップで5mm短くコラムを切られた影響が大きい気がする。対応としてはSTI位置を変えるかステムを10度にするかだな...

ただ、下ハンが少し低い感じがするのでやっぱりSTI位置変更だけではなくステム角変更でハンドルの高さ自体を上げる必要がありそうな気がする。

でも、落車影響で体が硬くなり、筋力が落ちてる影響(筋肉量が落ちてる、とは別)がハンドルの遠さに効いてる気もする。バイクチェンジと落車が重なるとはつくづくタイミングの悪いヤツだな、と。

2週間くらいはじっくり様子を見ていこう。コラムカットの店にステムお願いするのはその後どうにもならなくなってからだな。

 

とか悶々と考えてるうちに終わる週末...!!( 'ω' )

悪い事は続く〜落車後〜

落車したのが8/11。数日間とんでもない量の滲出液と格闘(優しく)をしているうちに、気づくと傷口に薄皮が張り、皮が抉れている面積も3〜4分の1程度まで減少して来た。この間にニューバイクのコラムカットを済ませて組み上げ、古いイザル子を嫁に出すべく綺麗にする、はずだった。

。。

いわきの某ショップにコラムカットを依頼し、連休前に完了連絡を受けていたのでお盆明けに取りに行く。すると。。

店員「すみません、コラム、切りすぎちゃいました。。数ミリなんですけど。。」

まじか!

シマノproのvibeステムって、すごくコラム長にシビアなので事前に一緒に物をみながら念には念を押して気をつけて下さいね、とお願いしたのにいいぃぃ!!

店員さんすごく申し訳なさそうにしているのでプランBを考える。でもね、これプランBじゃなくてCとかDレベルだから。こんなの想定してないよ。切断用機材を持っているにも関わらず決めた長さにも切れない某ブランドの名を冠したプロショップの技術力って...

  1. とりあえず事前に考えていたより5mmステムを下げて使ってみる。バイクが変わるので意外と行けちゃうかも。
  2. ステムを想定の17度から10度に変更し、ややステム位置を下げる。これで若干ハンドル高を上げる事ができる(見た目が水平ステムじゃないので少しカッコ悪くなるけど)。
  3. 真顔で顔に青筋立てながら睨みをきかせて「フォーク弁償して下さい」と言う。

だいたいすぐ思いつくのはこの3つ。3は今後の関係性を考えてNG。そもそも通販購入のフォーク持ち込みでせいぜい1~3千円の作業を依頼されて、ミスったら数万円の弁償を要求されたら店側もやってられないので持ち込みお断りになってしまう。それは長い目で見てこちらの利益にならない。のでこの選択肢は胸にしまう。フレームがこの店で買ったものなら迷わず言うけど。

で、1でやってみますと言いつつ、どうしてもポジションが出せず2にならざるを得なくなったらステム代(と追加コラムカットが必要ならその費用)は持ってくれますよね?と言う交渉でお店もOK、done。常識的な落とし所として致し方なし。

 

で、組み上げる。バーテープはイザル子からの使い回しなのでニューバイク感少なめ。新しいDi2のルーティングをすると配線に手間がかかるけど前からのシルエットがすごくスッキリ!!(๑╹ω╹๑ )

あたかも前後2つのブレーキワイヤしか伸びてないように見える。

f:id:Cycle_Training_Project:20180818214514j:plain

次にイザル子のパーツを外して綺麗に、と思ったらフォークコラムのスペーサーが固着しとる。。プレッシャーアンカー緩めても全然ビクともしない...( 'ω' ) 色々迷った末、これじゃお嫁に出せないので(いや、出せるけど貰い手が減っちゃう...)

入院決定。

〜〜〜〜〜

明けて本日、落車後まともに走れてなかったので()気温も下がったし少しロングで行こうかと。体を休めるためにATL70くらいまで下がってもいいや〜と思っていたらもっと下がってた。

f:id:Cycle_Training_Project:20180818213426p:plain

袋田の滝を目指して10号をニューバイクでちんたら。と言うのも、走り始めてすぐ会陰の左側が昨日300km走ったんですかってくらいにモーレツに痛くてまともに走れない。しかも60km過ぎた頃から落車の影響か左肩が強烈にダル重い。擦過傷の表面は痛まないけど、奥の筋肉が痛いくらいにダルくて、楽な強度で走っていてもひたすら辛くて全然楽しくない。

袋田の滝は滝見せず入り口までで満足して帰路へ、と思いきや、道を間違えて大迂回。迂回路からリカバリーしようとしたら山の中の一本道で落石通行止めでまた戻って迂回。とかを繰り返し(だいたいそういう時の迂回路はキッツくて長い上り坂なんやで...)、結局中盤以降ずっと肩と会陰の痛みで苦しみながら184km走ってATLが50以上上がってた(´-`)

f:id:Cycle_Training_Project:20180818214019p:plain

 

ニューバイクのポジション出しは今日だけでは完了せず。落車後にモチベーション下がって柔軟体操サボった結果、1週間でかなり体が硬くなってたし、今の状態をベースにポジション出しはできないししない方が良さそう。まあ少しずつ合わせていこう。

SCP&H栃木 夏合宿参加

ファーストアタック→落車→グルペット→病院(イマココ!)

要約するとこんな感じ。。

曲げたり動かしたりして痛い場所はないし、腫れや熱もないので骨は大丈夫そうです。というか落車の翌日に115km,3000m↑を走ってるし...

ご迷惑、ご心配をお掛けし申し訳ないです。反省しています。

初日: 90km, 2200m↑, 190TSS

2日目:115km, 3080m↑, 242TSS

事件は初日の白樺湖〜美ヶ原の往復の帰路の序盤で起きた。この辺りは冬は気候が厳しい山岳地帯のため路面状況は普段の練習環境と比べてかなり悪く、路面のデコボコには特に気をつけなければいけない場所。下りのスピードは自分の安全と感じる速度域よりも少し速めだと思ったけど、ついて行って慣れるのも大事かなと自主的に遅れようとはしなかったのが一つ目のミス。

1列で下っている最中、小さい橋のアスファルトの継ぎ目に大きなデコボコがあったのを過小評価して抜重せずに乗ってしまった。(自分では少し抜重したつもりだったけど、後ろから見てた涼平君曰く「モロ乗ってました」とのこと...)

USTホイールタイヤだったけど、その瞬間にリム打ちパンク。急速に空気が抜けてタイヤがぐじゃぐじゃになり左右に滑り、ハンドルコントロールが強烈に難しくなった。

ブレーキで少しは速度を落とせたと思うけど、コントロールの努力虚しく落車。対向車が来ていたら死んでいたかもしれない。幸い誰も巻き込む事なく擦過傷数カ所のみで済んだ。

水をかけるとふぎゃあああああ痛いいいいいい!!!!

f:id:Cycle_Training_Project:20180813085742j:image

反省点は、

  • USTだから多少ラフな扱いでも大丈夫と過信していた。(空気圧5.5bar, 体重60kgちょい)→チューブレスといえど扱いを誤ればリム打ちパンクもする。あくまでも「クリンチャー同様に扱った場合に対応力が比較的高いだけ」と思う必要がある。
  • 初見の道で普段の下りの速度域よりも少し速かったのに、自重せず遅れないようにしようとしてしまった。→一緒に走っているのはE1上位やP走ってる人たち。テクニックが違うんだから無理について行くのはNG。下りで千切れてもいいんだから自分の安全速度まで落とす判断をすべきだった。
  • デコボコが見えていたのに抜重が不十分だった。→テクニックの問題、機材への過信、遅れないようにしようとする焦り、これらの複合要因かと。

落車直後に凹んでいる時は周りから「まさかチューブレスでリム打ちなんて想像できないから君のせいじゃない」と慰めの言葉をかけて頂いたけど、こうやって要因を並べると起きるべくして起こった人災だと思う。これに猛省しなければ次も同じ事を起こしかねない。

初日の序盤は調子の良さを感じていたけど、落車した辺りからテンションが下がったのもあり激落ちしてグルペットIN。2日目の最後の白樺湖への登り後半でようやく戻ってきて、280wくらいのLT走で体力消耗スピード≒HP自動回復スキルくらいの苦楽しい強度で走れるように。そのままの感触を忘れないようにと1人霧ヶ峰リピートに行ったけど、腹が減ってきたのと雨が降りそうなのとで気力萎え。展望台で折り返して帰ったら、宿の手前100mくらいで急な土砂降りに捕まってしまった。やれやれ...

朝夕通勤のみ

急に調子がよくなりすぎると反動が怖い。業績がよくなりすぎた会社の株価みたいな感じでいつ急落するか心配でしょうがなくなる感じ。

急な好調が続く乗ってせいぜい2週間か1ヶ月程度だから、できれば10月後半にコレが来てほしかったんだけど。。あまり調子に乗って頑張りすぎないようにしとこう。

朝も夕方も16TSSくらい軽く回して終了。

明日から八ヶ岳近辺で某実業団チームの合同合宿に乗せてもらってボロ雑巾になる予定。

ローラー中に絶対やってはいけない事

→数分後のキモ苦しんでる自分の姿を想像する事...

 

朝は早出でローラーできず、帰宅後の諸々の用事で遅くなり、ローラー開始は20時半以降。22時には眠くなる福島時間に慣れきっているとコレ、萎える。

まあボチボチ回し始めると疲れはあるけどよく回るので、FTP測定のつもりで5分全力。

330wくらいでいっか、と思っていたのに、入りから370wくらい楽に出続けてしまって下げるのに苦労する。途中から335wくらいで安定期に。ラスト1分でギアを上げて出し切る。

5min, Ave346w

自己ベスト。調子ええやん。この調子でレスト挟んで20分走へ。まずい、心の準備が。あとこんなにやると思ってなかったので水の準備が。。

最初は260wくらいのイージーペースで、と思ってたら270wくらい出たのでそのままいく。7分くらいでジワリ280wまで上げ。→水無くなる。→10分後の自分の姿を想像する。→やばいキモすぎる。→冒頭→大してキツくなってないのに終了〜〜。。。

あーあ、せっかく間違いなく自己ベスト出せそうな感触だったのに。20分だとミニマム290wは間違いなく出せて、300wを上限にどこまで行けるか、って感触??

あと、夏場にFTP測定やるなら水をしっかり準備するのと、20分SSTを測定週に数回やっておいて、時間に対しても慣れておいた方がいいな〜。

48min, 56TSS

急に好調

朝の計量は60.4kg。

若干昨日の疲労が残ってる感じがしたけれど、涼しいので気にせず頑張ってみる。雨なので適度にクールダウンできて信じられないくらい踏める。踏みながら力が湧き上がってくる感じがすげえ。

2分登り気味平坦TTコース:1min48sec, Ave 437w

今期初の430w超え。

その後の1分インターバル坂も350w以上を目安にダンシングとシッティングを交互に10本。

34min, 62TSS, NP287w

ん??なんか出過ぎじゃね?このパワーメーター、パイオニアに合わせてキャリブレーションしたし、今朝もゼロ点補正したんだが、高すぎないか?と思ったけど、パワーメーターが無かったとしても今日は実感として踏めてた。

帰りも踏める。いつもならヒイコら言って登ってから平坦で流す坂もなるべく強度を落とさず踏み続けて1分坂区間へ。350w~370wくらいの強度を維持しながら20本...のつもりが途中でどんな数え間違えをしたのか17本。

ラスト1本だけKOM取りに行くつもりで全力。→KOM奪取。まあ追い風だし...

48sec, Ave574w

最後の数秒は脇を上がって行った車に追いついて緩めたのが痛い。けどなかなか掛かってる。

ラストの自宅坂全力スプリントで出し切り。

53min, NP296w, 102TSS

ん??1時間以内にTSSが100を超えるのはおかしい。。。ここで考えられるのは3つ。

  1. パワーメーターの値が実際より高すぎる。
  2. FTP設定が低すぎる。
  3. 涼しさのお陰か今日だけ異常に調子がよかった。

今日明らかに調子が良かったのは間違い無いんだけど、やっぱり1.も割と濃厚かなー。朝も夕も走る前にゼロ点校正したんだけど。明日は雨っぽいので朝ローラーで数字確認してみようかな。